トピックス

最新記事

2024年1月24日
「だいち2号」による令和6年能登半島地震の観測結果を追加掲載しました。
2024年1月17日
「だいち2号」による令和6年能登半島地震の観測結果を追加掲載しました。
2024年1月11日
「だいち2号」による令和6年能登半島地震の観測結果を追加掲載しました。
2024年1月10日
「だいち2号」による令和6年能登半島地震の観測結果についてを掲載しました。
2023年12月27日
高解像度土地利用土地被覆図(日本域)ver.23.12をリリースしました。
2023年12月05日
「だいち2号」による漂流する巨大氷山「A23a」の観測結果をリリースしました。
2023年9月28日
2020年の高解像度土地利用土地被覆図(ベトナム域)ver.23.09をリリースしました。
2023年8月10日
2008年、2009年のPALSAR全球モザイクデータセットをVer.2.3.0に更新しました。
2023年6月5日
2007年、2010年のPALSAR全球モザイクデータセットをVer.2.3.0に更新しました。
2023年4月28日
2022年のPALSAR-2全球モザイクデータセットを公開しました。
2023年4月7日
「ALOS全球数値地表モデル(AW3D30)」の更新版を公開しました。
2023年2月15日
「だいち2号」によるトルコ地震の観測結果を更新しました。
(JAXA EORC「地球が見える」へのリンク)
2023年2月9日
「だいち2号」によるトルコ地震の観測結果についてを掲載しました。
(JAXA EORC「地球が見える」へのリンク)

お知らせ

メンテナンスのお知らせ
設備保守のため、2月26日(月)10:00-15:00(JST)の間
ウェブおよびFTPサービスがご利用になれません。ご了承ください。
2024年2月20日
「ALOS-2データを使う」ページに「森林伐採検知の推奨手順と行政利用の手引き」を掲載しました。
2024年1月29日
京都・炭素観測計画第27回科学諮問会議プログラムおよび発表資料を掲載しました。
2024年1月19日
令和6年能登半島地震に関するALOS-2/PALSAR-2 SM1(3m) L1.1/L2.1プロダクトを追加公開しました(1/9, 1/12, 1/14, 15観測分)
2024年1月12日
令和6年能登半島地震に関するALOS-2/PALSAR-2 SM1(3m) ScanSAR L1.1/L2.1プロダクトを追加公開しました
2024年1月5日
令和6年能登半島地震に関するALOS-2/PALSAR-2 SM1(3m) L1.1/L2.1プロダクトの公開
2023年12月22日
PALSAR-2基本観測シナリオマップ / ユーザガイドラインを更新しました (218~242回帰)。
2023年12月4日
ALOS-2 校正・検証を更新しました。
(ALOS-2軌道保持範囲逸脱履歴の更新)
2023年11月28日
ALOS-2 校正・検証を更新しました。
(ALOS-2軌道保持範囲逸脱履歴の更新)
2023年11月27日
ALOS-2 校正・検証を更新しました。
(ALOS-2軌道保持範囲逸脱履歴の更新)
2023年11月24日
ALOS-2 校正・検証を更新しました。
(ALOS-2軌道保持範囲逸脱履歴の更新)
2023年11月14日
ALOS-2 校正・検証を更新しました。
(ALOS-2軌道保持範囲逸脱履歴の更新)

プロジェクト

  • ALOS-4(だいち4号)

    「だいち2号」後継にあたるL-band SARミッションの地球観測衛星です。「だいち2号」の高い空間分解能を維持しつつ、観測幅が拡張します。2023年度打上げ予定。

  • ALOS-3(だいち3号)

    「だいち」の光学ミッションを引き継ぐ地球観測衛星です。「だいち」の広い観測幅を維持しつつ、高い地上分解能を実現します。2023年3月7日打上げ失敗。

  • ALOS-2(だいち2号)

    「だいち」の合成開口レーダミッションを引き継ぎ、災害状況や森林分布の把握、地殻変動の解析など、様々な目的で使われています。2014年から運用中。

  • ALOS(だいち)

    地図作成・地球観測・災害状況の把握・資源探査など、幅広い分野での利用を目的に開発された地球観測衛星です。2006年から2011年まで運用しました。

  • 資源探査を主目的とした地球観測衛星です。1992年から1998年まで運用しました。

データセット