ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

公衆衛生

課題分野研究/農業

地球温暖化に伴う気温変化や降雨量などの環境変化は直接的(熱中症や循環器、呼吸器系疾患など)および、間接的(マラリア、コレラ、ポリオやその他感染症)に健康被害を与えることが懸念されています。これらの健康被害は、早期に流行を予測して事前に対策を取れないことが、被害拡大の一因となっています。降水量や温度、地形などの環境情報と健康被害の発生には関連性が指摘されていますが、途上国ではこれらの環境情報の監視体制が不十分な状況です。衛星観測による環境情報を活用して、感染症発生の早期警戒を行うための研究開発を大学などの研究機関や国際機関などと共同で取り組んでいます。

ポリオウィルス伝播状況の把握への数値標高モデルの活用

ALOS数値標高モデルを活用した集水域の推定結果

ALOS数値標高モデルを活用した集水域の推定結果

WHO(世界保健機関)では、定期的な下水サンプリングによるウィルス伝播の状況把握体制の構築を急務としており、そのためには下水の流れを考慮した効率的なサンプリング点の設定が重要です。ナイジェリアにおいてWHOと協力し、ALOS PRISM数値標高モデル(AW3D)を用いて水文解析をすることで、集水域の特定(紫色)および下水サンプリング点(赤十字)選定を精緻化できることを示しました。

コレラ早期警戒のためのビクトリア湖の監視

ALOS AVNIR-2によるビクトリア湖面の画像

ALOS AVNIR-2によるビクトリア湖面の画像

ビクトリア湖に生育する水草ホテイアオイはコレラ菌を媒介する可能性が指摘されており、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)のAVNIR2センサなどの衛星データからのホテイアオイの繁殖面積の拡大を推定することが期待されています。長崎大学熱帯医学研究所と共同で衛星から推定したホテイアオイの繁殖面積とコレラ患者数などの疫学的データとの関連性の研究を実施しています。

下痢症発生リスク解析のための都市熱環境監視

バングラデシュ ダッカの地表面温度の変化

バングラデシュ ダッカの地表面温度の変化

急速な都市化により大都市のヒートアイランド化が進行し、都市の熱環境が大きく変化してきています。衛星観測による地表面温度から推定される暑熱暴露量は、下痢症などの感染症などの発生の指標となる可能性が指摘されており、東京大学医学系研究科と共同で両者の関連性の研究を実施しています。

  • HOME
  • 地球が見える
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP