ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

利用研究プロジェクト

EORCでは、各プロジェクト毎に、地上局において出力された標準処理データを更に高次に解析することにより、打上げられた地球観測センサの評価・校正/検証や観測精度の向上を目指した解析手法の開発等を行います。また、これらの衛星データを実利用分野や科学研究分野で有効に活用できるよう衛星データの解析事例を蓄積し、これらの成果を将来の衛星開発に反映します。

ALOS/ALOS-2プロジェクト

画像

EORCでは、陸域観測技術衛生「だいち」(ALOS)、「だいち2号」(ALOS-2)から得られた画像の品質の維持のための校正・検証作業を行うとともに、さまざまな情報を抽出する手法の研究を行っています。たとえば、森林伐採状況が把握できるように処理を行い、利用期間に提供しています。これにより、発展途上国で進行している森林の減少や劣化に関する正確な用法を提供し、二酸化炭素の排出削減および生態系保護に貢献することが期待されています。

GPMプロジェクト

画像

TRMMの後継・拡大ミッションである全球降水観測計画(GPM)の大きな特徴は、TRMMのように、降水レーダとマイクロ波放射計を搭載した太陽非同期軌道の衛星を基準の衛星(コア衛星)として運用することと、各国・各機関が個別に打ち上げる降水観測可能ないくつもの衛星(コンステレーション衛星)と連携することにより、観測頻度を高めることにあります。また、熱帯地域の観測を目的としていたTRMMとは異なり、GPM計画は高緯度地方を含む広範囲の降水観測を行います。

GOSATプロジェクト

画像

二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスは、世界各地の観測地点で継続的に測定されていますが、観測の空白域が依然として存在しています。温室効果ガス観測技術衛生「いぶき」(GOSAT)は、二酸化炭素及びメタンのカラム量の全球分布とその時間変動の観測をしています。EORCでは、GOSATデータの品質の維持・向上を目指し、校正検証作業を行っています。また、JAXA、国立環境研究所及び環境省は、いぶきによる観測データの処理を行い、二酸化炭素・メタンカラム量等の一般提供を行っています。

EarthCAREプロジェクト

画像

雲エアロゾル放射ミッション(EarthCARE アースケア: Earth Clouds, Aerosolsand Radiation Explorer)は、日本と欧州が協力して開発を進める地球観測衛星ミッションです。地球上空を周回する衛星に搭載する4つの観測センサ(雲プロファイリングレーダ、大気ライダー、多波長イメージャ、および広帯域放射収支計)をもちいて、雲・エアロゾル(大気中に存在するほこりやちりなどの微粒子)の分布や鉛直構造、大気上端における放射収支エネルギーを全地球的に観測をおこなうことで、数値気候モデルの改良に必要なデータを継続的に収集し、気候変動予測の精度向上に貢献します。

GCOMプロジェクト

画像

地球環境変動観測ミッション (Global Change Observation Mission: GCOM) は、マイクロ波と可視赤外の2つの波長域で地球環境変動に関わる地表面温度、水蒸気、植生、雪氷面積などのパラメータとその変化を全球規模で長期間継続観測し、気候や地球環境の変動過程解明や、予測精度の向上、国民生活への貢献を目指したミッションです。

TRMMプロジェクト

画像

気候変動の影響により頻発・激化する豪雨・台風の巨大化等の極端気象現象や、洪水、高潮、土壌災害、干ばつなどの水災害のリスクが高まっています。このようなリスクから社会生活を守るために、正確かつタイムリーに水循環の状況を把握し、対応策を講じることが重要です。EORCでは、NASAとJAXAで協力して運用を行っている熱帯降雨観測衛星(TRMM)搭載のマイクロ波放射計のデータの品質確認ならびに、降雨量、海面水温、土壌水分などの物理量の抽出アルゴリズムの開発・確認・およびデータ処理を行っていきます。

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP