データダウンロード

GPMプロダクト「G-Portal地球観測衛星データ提供システム」

 

データ利用

データ利用ハンドブック

プロダクトに関する文書はこちら

プロダクトに関する論文はこちら

 

Ka帯降水レーダ(KaPR)のスキャンパターン変更について

2018年5月21日にKaPRのスキャンパターンを変更いたしました。このスキャンパターン変更前は、Ku帯とKa帯の2周波の降水レーダ観測が活用できるのは約125km観測幅の中心部のみでしたが、スキャンパターン変更後は約255kmの観測幅全体で二周波の観測情報が適用できるようになりました。GPM/DPRプロダクト バージョン07以降は、このスキャンパターン変更に対応したアルゴリズムを適用することにより、255km観測幅で二周波情報を利用することができます。


 

スキャンパターン変更前
スキャンパターン変更後

 

サンプルプログラム、サンプルデータ

V07(KaPRスキャンパターン変更後フォーマット)
データ読み込み方法 資料名 プログラム 更新日
1 THORを使用する  GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(THOR編)  -
2 IDLを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(IDL編) IDL編 2022/02/24
3 Cを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(C言語編) C言語編 2022/02/04
4 FORTRANを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(FORTRAN編) FORTRAN編 2022/02/04
5 Pythonを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(Python編) Python編 2022/02/24

 

サンプルデータ
GPM DPR SLH
 Data L1Ku [152MB] L2DPR [731MB] L3DPR [2.4GB] L2SLP [17MB] L3SLG [8.8MB] L3SLM [14MB]
TRMM PR LH
 Data L1PR [127MB] L2PR [672MB] L3PR [455MB] L2LHP [17MB] L3LHG [6.7MB] L3LHM [3.6MB]
GMI CMB GSMaP
 L2  L3  L2  L3 HDF5 [5.7MB] NetCDF [5.1MB] Binary [1.4MB]

 

V06以前(KaPRスキャンパターン変更前フォーマット)
データ読み込み方法 資料名 プログラム 更新日
1 THORを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(THOR編)  - 2019/04/17
2 IDLを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(IDL編) IDL編 2019/03/11
3 Cを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(C言語編) C言語編 2019/03/08
4 FORTRANを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(FORTRAN編) FORTRAN編 2019/03/11
5 Pythonを使用する GPM/TRMMデータ読み込みプログラムガイド(Python編) Python編 2021/12/01

 

参考文書

略語集

利用事例集