ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球が見える 2010年

世界最大の鏡の湖、ウユニ塩湖、ボリビア

ウユニ塩湖
ウユニ塩湖
  • 文字表示
  • 文字非表示
図1 ウユニ塩湖

 図1は、ALOS(だいち)が2010年3月および4月に撮影したボリビア南西部、ウユニ塩湖です(右端の画像のみ2009年5月撮影)。画像中央が白く見えるのは、地表が塩で覆われているからです。標高約3,700 mに位置し、南北約100 km、東西約150 kmにも及ぶこの塩の大地は、富士山山頂に匹敵する高度にあって、四国の半分ほどの面積(約12,000 km2)に及ぶ広大な塩の固まりです。この塩湖の表面はほぼ平らで、雨期(12〜5月)に薄く冠水すると、「天空の鏡」と形容される巨大な鏡が出現し、天地が対称になった幻想的な風景が現れます。
かつて、ボリビアを含むアンデス山脈は海の底でした。地殻変動によって隆起したとき、山脈地帯には閉じこめられた海水が湖を造りました。その後乾燥が進み、水分が蒸発して、現在の様な塩湖(塩原)が出来上がったのです。ウユニ塩湖周辺には、他にも十数カ所の小さな塩湖があります。

ウユニ塩湖に浮かぶ島々
ウユニ塩湖に浮かぶ島々
  • 文字表示
  • 文字非表示
図2 ウユニ塩湖に浮かぶ島々
(Google Earthで見るウユニ塩湖(kmz形式、1.17 MB低解像度版))

 図2はウユニ塩湖に浮かぶ島々です。これらの島は全体が岩礁となっていて、一面サンゴの化石で覆われています。かつてこの地が海であった名残です。スペイン語で「魚の島」を意味するイソラ・デ・ペスカド島と呼ばれ、昔インカの人が植えたと言われる巨大なサボテンが生えています。乾期(6〜11月)には、塩湖一面が塩で覆われ、雪景色と見まがうばかりの景観の中のサボテンは不思議な世界を作ります。
塩湖内や周辺には塩のホテルがあります。塩湖東側にある有名なホテルは、建物自体をはじめ、ホテル内のインテリアのほとんどが塩のブロックを積み重ねて造られています。

ウユニ市街とその周辺
ウユニ市街とその周辺
  • 文字表示
  • 文字非表示
図3 ウユニ市街とその周辺

 図3は塩湖の東に位置するウユニ市街です。人口約14,000人で、そのほとんどがインディヘナ(先住民)です。町のはずれ、南西側の線路の終点に向かって、古い列車が廃棄されています。鉄道墓場と呼ばれ、町から離れるほど廃棄車両が古くなってゆきます。最後の列車は100年以上昔のものだそうです。
ボリビアでは、かつてイギリスの資本で鉄道網が維持されていました。しかし、国有化される際、ボリビア側に技術協力を一切行わず、撤退してしまったそうです。国内の鉄道網の多くが閉鎖され、列車も放置され棄てられました。鉄道墓場は、このような訳で出来上がったそうです。

アンデスの塩

 ミネラルが豊富でミネラルバランスが良いことで知られている「アンデスの塩」ですが、赤い塩(岩塩)と白い塩(湖塩)があります。赤い塩はアンデス山脈の標高3,500〜4,500 mで採取されるもので、鉄分が多く含まれています。白い塩はウユニ塩湖の天然塩です。どちらも深層水が隆起し、自然結晶して塩になったものです。

リチウム資源

 自動車産業再生の切り札として、電気自動車やハイブリッド車等の開発に力が注がれています。その電力を蓄えるリチウムイオン電池の生産に必要不可欠な資源がリチウムです。リチウム資源は南米に集中していますが、特にウユニ塩湖は世界のリチウム埋蔵量の半分(およそ550万トン)を占めるといわれています。
独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、ウユニのリチウム資源開発を、JOGMECを含む日本の関係企業と共同で行うべくボリビア政府に提案しています。



観測画像について

観測衛星: 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)
観測センサ: 高性能可視近赤外放射計2 型(AVNIR-2)
観測日時: 2009年5月10日14時45分頃(世界標準時)(図1、3)
2010年3月16日14時50分頃(世界標準時)(図1)
2010年4月2日14時52分頃(世界標準時)(図1、2)
2010年4月14日14時48分頃(世界標準時)(図1)
地上分解能: 10 m
地図投影法: UTM(ユニバーサル横メルカトール)

AVNIR-2 は、4つのバンドで地上を観測します。図1、2はAVNIR-2の、バンド3 (610〜690ナノメートル)、バンド2 (520〜600ナノメートル)とバンド1 (420〜500ナノメートル)を赤、緑、青色に割り当てカラー合成した画像を「色相(Hue)」、「彩度(Saturation)」、「明度(Intensity)」に変換(HSI変換)し、明度をバンド4 (760〜890ナノメートル)画像で置き換えて再合成したものです。通常のカラー画像では反射光の強さのため真っ白に写る雪や氷を見やすくすることができます。この画像では、肉眼で見たのと同じ様な色合いとなり、次のように見えています。

暗い青灰色: 市街地
赤茶色: 裸地、岩場
白: 塩、雲
黒: 水面

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP