JAXAトップページへ  サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left_on.gif地球観測衛星の種類
spacer.gifsub_directry_end.gifALOS
left.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry.gifALOS-PRISM
spacer.gifsub_directry.gifALOS-AVNIR2
spacer.gifsub_directry_end.gifALOS-PALSAR
left.gif初画像


JAXA ALOSページ
EORC ALOSページ
corner.gif
alos_title.gif
ALOS

《 概要 》

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)は世界最大級の地球観測衛星で、地球資源衛星「ふよう1号」(JERS-1)および地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」(ADEOS)による陸域観測技術をさらに高度化し、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源探査等への貢献を図ることを目的としています。
高精度で標高抽出を行うためのパンクロマチック立体視センサ(PRISM)、および土地被覆の観測を高精度に行うための高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)、昼夜の別なく、また天候によらず陸域の観測が可能なフェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSAR)の3つの地球観測センサを搭載し、高分解の陸域観測に威力を発揮することが期待されています。
同衛星は、H-IIAロケットで2006年1月24日に打上げられました。

《 データ受信想像図 》

alos_receiveimage_1.gif ALOSから直接データの受信を行う想像図
alos_receiveimage_2.gif データ中継衛星(DRTS)を使いデータの受信を行う想像図



ALOSは、世界最大級の地球観測衛星で、高分解能の陸域観測データを全地球的規模で収集することを目的としています。そのため観測データも大容量となります。そこで、観測したデータをEOCで直接受信(ダウンリンク)する以外に、データ中継衛星(DRTS)を用いることで、ALOSがEOCの受信可能範囲外の軌道を飛行していても、DRTS経由で日本周辺以外で観測されたデータの受信を速やかに行うことが可能となります。


《 主要諸元 》

打上げ 2006年1月24日/H-IIAロケット
種子島宇宙センター
軌道 高度約700kmの太陽同期準回帰軌道
回帰日数:46日/サブサイクル2日
重量 約4,000kg  



《 観測機器 》






EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー