ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

研究データセット

観測データの校正・検証が完了した標準データセット、校正・検証アルゴリズム研究・解析のための研究データセットを提供します。

高次研究成果物・試作研究成果物のデータセット

提供サイト 概要
K&Cモザイクホームページ 京都·炭素観測計画を遂行するための基本的なデータセット。
京都・炭素観測計画の主たる目的は、森林起源の炭素量の把握であり、時間的な地球の環境変化として、森林(伐採、劣化を含む)、湿地、砂漠をテーマとして監視するものです。
PALSAR
モザイク森林・非森林データセット
陸域観測技術衛星(ALOS)「だいち」に搭載したレーダーセンサー(PALSAR)による全球25m分解能PALSARモザイク 森林・非森林データセット(2007年-2010年)のダウンロードができます。

∗ 旧データセットPALSAR 10m モザイクデータ下記3地域について、10m分解能のPALSARモザイクデータ(RAWデータ)および森林・非森林分類画像をダウンロードできます。
1) ロンドニア州 ポルト・ベリョ周辺
2) インドネシア リアウ州周辺
3) コンゴ川周辺

全球森林・非森林分類図 2006年より運用している陸域観測技術衛星(ALOS)「だいち」に搭載したレーダーセンサー(PALSAR)を用いて、世界で初めて、全球の10m分解能の画像と森林・非森林の分類図(2009年、2007年)を作成しました。
IPYデータセットホームページ ALOS/PALSARによる北極圏、南極圏のモニタリング(国際極年)。極域の広域画像を得ることができ、長期にわたって比較をすることで、極域における氷の変化、土地被覆の変化状況などを把握することができます。
高解像度土地利用
土地被覆図ホームページ
「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)の観測データを主に用いて、ALOS解析研究プロジェクトおよび「横軸研究グループ:生態系」で作成している高次研究プロダクトの一つです。
日本全域(一部の離島を除く)を50m解像度で9つの種類(①水域、②都市、③水田、④畑、⑤草地、⑥落葉樹、⑦常緑樹、⑧裸地、⑨雪氷)に分けたデータです。
ブータン氷河期インベントリ 「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)とパンクロマチック立体視センサ(PRISM)の観測データを用いて「ブータン氷河湖台帳(インベントリ)」を作成しました。
全球高精度デジタル3D地図
(ALOS World 3D)
「だいち」(ALOS)によって撮影した約300万枚の衛星画像を用いて、全球陸域を対象とした高精度デジタル3D地図を整備します。今回整備するデジタル3D地図は、5m水平解像度と5mの高さ精度で世界中の陸地の起伏を表現できるため、地図の整備や自然災害の被害予測、水資源の調査など、様々な用途に活用することが出来るのが特長です。
MODIS Near Realtime Data MODIS準リアルでは、NASA地球観測衛星TERRA/AQUA搭載センサMODISによって観測されたデータを、東海大学情報技術センター(TRIC)および宇宙航空研究開発機構 (JAXA 地球観測センター (EOC)) が 受信・輝度/幾何変換処理(Level 1B)処理し、そのデータをJAXA/地球観測研究センター(EORC)が 準リアルタイム処理して公開しています。
GSMaP (世界の雨分布速報) GSMaPでは、世界の雨分布を1時間ごとに作成・可視化して、公開しています。
GSMaPの作成には、複数の衛星(GPM-Core GMI, TRMM TMI, GCOM-W AMSR2, DMSPシリーズ SSMIS, NOAAシリーズ AMSU, MetOpシリーズ AMSU, 静止気象衛星 IR等)を利用しています。降雨強度の算出には、日本が全球降水観測(GPM)や水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W)のために開発したアルゴリズムを用いています。
ひまわりモニタ ひまわり8号のカラー画像及び地球物理量データのクイックルック画像を表示できるウェブサイト。JAXAひまわりモニタでは、可視のRGB合成の図を掲載しています。
GHRSST (世界の海面水温) Available Microwave SST products
- GMI SST(GPM)from 4 March 2014 to present
- AMSR2 SST(GCOM-W)from 3 July 2012 to present
- WindSat SST(Coriolis)from 1 April 2009 to present
- AMSR-E SST(Aqua)from 1 June 2002 to 4 October 2011 Available IR SST products
- VIRS SST(TRMM)from 1 April 2013 to 21 March 2014
- ひまわり
EarthCARE研究A-trainプロダクト 本システムでは、複数の衛星(A-Train軌道を飛行しているCloudSat/CPR、CALIPSO/CALIOP、Aqua/MODIS等)を利用した雲や大気微粒子(エアロゾル)などの地球物理量データを公開しています。地球物理量データの算出には、JAXA EarthCAREサイエンスチーム(九州大学、国立環境研究所、東海大学等)が開発したアルゴリズムにより作成しています。
本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:衛星から見た地球のデータ集
画像:ページTOP