ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球が見える 2008年

ミャンマー・サイクロン洪水被害

図1 サイクロン「ナルギス」による洪水の被害地域(左:災害前、右:災害後)
平成20年5月2日夜から3日にかけてミャンマーを襲った大型サイクロン「ナルギス」による洪水の被害状況について、JAXAは「だいち」による緊急観測を行ないました。
図1左は「だいち」搭載のパルサー(PALSAR)のScanSARモードで観測した災害前の2008年4月24日の画像、図1右は同じく高分解能モードで観測した災害後の2008年5月6日の画像です。PALSARによる画像では、水面は暗く見える特徴があり、災害後の画像では広い領域に渡って洪水(暗い領域)が広がっていることが分かります。



図2上 災害前後の2枚の画像のカラー合成
図2下 災害の観測領域(黄色と緑の四角の部分)
図2上は災害前の画像と災害後の画像を色付けして重ね合わせ、災害前後の違いを色として表したものです。青く浮き出ている地域が浸水した領域を表しています。黄色の領域は降水により土の中の水分が増加したことを示しています。

JAXAでは国際災害チャータの要請に基づき、データを国際災害チャータ及びセンチネルアジアへ提供しました。



観測画像について:


(図1)
観測衛星: 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)
観測センサ: フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSAR)
観測日時: 2008年4月24日04時02分頃(世界標準時)図1左
2008年5月6日03時58分頃(世界標準時)図1右
地上分解能: 50m
地図投影法: 等緯度経度図法
(図1および図2)
PALSARは、地球資源衛星1(ふよう1号)に搭載された合成開口レーダ(SAR)の機能・性能を更に向上させたもので、天候、昼夜に影響されない能動型のマイクロ波センサです。PALSARは観測方向を可変する機能や広い観測幅を有する観測モード(ScanSAR)を持っています。なお、PALSARの開発は宇宙航空研究開発機構と経済産業省(METI)/(財)資源探査用観測システム研究開発機構(JAROS)の共同で行いました。


関連サイト:
ALOS 解析研究ページ
地球が見える 台風・洪水
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP