ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球が見える 2009年

日食の影

図1 日食の影(2009年7月22日)

  2009年7月22日(水)、今世紀最大の日食が起こりました。JAXAはNASAの地球観測衛星(TERRA)により、この日食の様子を観測しました。図の丸く黒い部分が日本の南海に映し出された月の影です。画像の観測時刻は11時5分頃です。
なお、この画像および元となったデータは、MODIS準リアルより入手できます。



観測画像について

観測衛星: 地球観測衛星Terra (NASA)
観測センサ: 中分解能スペクトロメータ MODIS (NASA)
観測日時: 2009年7月22日11時05分頃(日本標準時)
地上分解能: 1 km
地図投影法: UTM(ユニバーサル横メルカトール)
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP