Home >  研究

高次画像処理・解析

「だいち」搭載AVNIR-2の解析例 衛星画像を扱う上で必須の精度や画質の評価・解析手法の高精度化,多変量解析手法の 検討などを行う.
  • 幾何補正手法の開発
  • 放射量補正手法の開発
  • DEM/オルソ補正画像作成手法の開発
  • 画質評価手法の開発
  • 多次元(時空間)解析手法の開発
  • 多センサデータを用いた解析手法の開発

地球環境変動の解析

「だいち」搭載PRISMによる高次画像処理 地球環境問題解明に関わるような高度な衛星データ解析手法の検討と, 抽出された物理量の時空間分布が環境にどのようなストレスを与えるの かの評価また予測を行うための手法の開発を行う.
  • 物理量推定アルゴリズムの開発とこれらの時空間分布解析
    • 土壌水分, 積雪, 氷河, 凍土, 農業, 森林, 森林火災,砂漠化, etc.
  • 雪質(積雪粒径, 温度や汚れ), 雲量情報の解析
  • 長期(30年間程度)衛星データの解析手法の検討
  • 海氷流動の監視手法の検討
  • 環境ストレスの評価手法の検討

「みどり2」搭載GLIによる積雪表面温度分布 「みどり2」搭載AMSRによる海氷移動ベクトル 米国衛星Terra/Aqua搭載MODISによる積雪分布図

研究成果の発表 / Publications

2017年度 (JFY2017)

  • Koki Kasai, Kei Shiomi, Atsushi Konno, Takeo Tadono, and Masahiro Hori: A study on regional emission events of greenhouse gases with GOSAT and OCO-2 for classification into anthropogenic and biogenic sources, 13th International Workshop on Greenhouse Gas Measurements from Space (IWGGMS-13), the University of Helsinki, Jun. 6-8, 2017

2016年度 (JFY2016)

  • Koki Kasai, Kei Shiomi, Atsushi Konno, Takeo Tadono, and Masahiro Hori: Extraction and Analysis of Regional Emission and Absorption Events of Greenhouse Gases with GOSAT and OCO-2, 2016 AGU Fall Meeting, San Francisco, Dec. 12-16, 2016
  • 葛西光希, 塩見慶, 近野敦, 田殿武雄, 堀雅裕: GOSATおよびOCO-2観測データによる温室効果ガスの時系列変化関す解析, 第22回大気化学討論会, 北海道大学, 2016年10月12-14日
  • Koki Kasai, Kei Shiomi, Atsushi Konno, Takeo Tadono, and Masahiro Hori: A Study of Extraction and Analysis of Emission and Absorption Events of Greenhouse Gases with GOSAT, 12th International Workshop on Greenhouse Gas Measurements from Space (IEGGMS-12), Kyoto University, Jun. 7-9, 2016

2015年度 (JFY2015)

  • 秋山義郎, 堀雅裕, 小野里雅彦, 田殿武雄, 塩見慶: 全天カメラを用いた エアロゾル光学的厚さ推定のための解析, 日本リモートセンシング学会第59回 (平成27年秋季)学術講演会, 長崎大学, 2015年11月
  • 秋山義郎, 堀雅裕, 小野里雅彦, 田殿武雄, 塩見慶: 全天カメラを用いた エアロゾル量推定手法の開発, 日本気象学会2015年度秋季大会, 京都テルサ, 2015年10月
  • 葛西光希, 塩見慶, 近野敦, 田殿武雄, 堀雅裕: 衛星観測データを用いた 温室効果ガスの局地的な濃度変化に関する解析, 第21回大気化学討論会, 東京工業大学, 2015年10月19-21日

2014年度 (JFY2014)

  • 加藤勇気, 田殿武雄, 小野里雅彦, 堀雅裕, 塩見慶: 閾値処理付き最尤法による衛星画像の超解像処理, 日本リモートセンシング学会 第57回学術講演会, 京都大学宇治おうばくプラザ, 2014年11月6-7日
  • 葛西光希, 木村圭司, 塩見慶, 近野敦, 田殿武雄, 堀雅裕: メソ気象モデルWRFを用いた北海道留萌地方の局地風に関する考察, 日本気象学会2014年度秋季大会, 福岡国際会議場, 2014年10月21-23日
  • 葛西光希, 木村圭司, 塩見慶: 留萌の風向風速に関する解析とWRFシミュレー ション, 2014年度北海道地理学会春季学術大会, 北海学園大学, 2014年6月29日
  • 加藤勇気, 田殿武雄, 小野里雅彦, 堀雅裕, 塩見慶: 超解像処理技術の衛星画像への適用に関する一検討, 日本リモートセンシング学会 第56回学術講演会, 産業技術総合研究所, 2014年5月15-16日

2013年度 (JFY2013)

  • 橋本秀太郎: 知識情報処理を用いた衛星データの自動判読システムに関する研究, 博士(情報科学)学位論文, 北海道大学大学院情報科学研究科, 2014 (「専攻長特別賞」受賞)
  • 橋本秀太郎, 田殿武雄, 小野里雅彦, 堀雅裕:多時期光学観測データを用いた高精度土地被覆分類手法の開発, 日本リモートセンシング学会誌, Vol.34, No.2, pp.102-112, 2014 (査読付き論文)
  • Shutaro Hashimoto, Takeo Tadono, Masahiko Onosato, and Masahiro Hori, Land Use and Land Cover Inference in Large Areas Using Multi-temporal Optical Satellite Images, IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2013, pp.3333-3336, Melbourne, Australia, July 21-16, 2013.
  • Shutaro Hashimoto, Takeo Tadono, Masahiko Onosato, and Masahiro Hori, Land Cover Classification of Entire Japan by Kernel-based Probabilistic Inference Using Multitemporal AVNIR-2 Data, International Symposium on Remote Sensing, Makuhari, Chiba, May 15-17, 2013.

2012年度 (JFY2012)

  • 橋本秀太郎, 田殿武雄, 小野里雅彦, 堀雅裕: 衛星データによる災害状況把握のための知識駆動型自動変化検出システムの提案, 日本リモートセンシング学会誌, pp.13-26, Vol.33, No.1, 2013 (査読付き論文, 「論文奨励賞」受賞)
  • 橋本秀太郎, 田殿武雄, 小野里雅彦, 堀雅裕: 生成モデル推定に基づく土地被覆の確率的推論手法の検討, 日本リモートセンシング学会 第53回学術講演会, 広島大学東広島キャンパス, 2012年11月19-20日
  • Takeo Tadono, Shutaro Hashimoto, Masahiko Onosato, and Masahiro Hori: Applications of the Automatic Change Detection for Disaster Monitoring by the Knowledge-Based Framework, Proc. SPIE Asia-Pacific Remote Sensing, 2012, Kyoto, Japan, Oct. 29-Nov. 1, 2012
  • Shutaro Hashimoto, Takeo Tadono, Masahiko Onosato, Masahiro Hori, and Takashi Moriyama: Probabilistic Land Cover Classification Approach Toward Knowledge-Based Satellite Data Interpretation, IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2012, pp.1513-1516, Munich, Germany, July 22-27, 2012 (Finalist of Student Competition; "Encouragement Award" from IEEE Sapporo Branch)

2011年度 (JFY2011)

  • 岡部慎平, 田殿武雄, 金井理: 都市部における数値地表モデル(DSM)自動生成のための衛星ステレオペア画像マッチング, 日本写真測量学会北海道支部平成23年度第30回学術講演会, かでる2・7, 札幌, 2012年2月9日 (「平成23年度学術講演会論文賞」受賞)
  • 蓑田一輝, 堀雅裕: 衛星時系列データを用いたパターン認識に基づく耕作物被覆推定, 日本写真測量学会北海道支部平成23年度第30回学術講演会, かでる2・7, 札幌, 2012年2月9日
  • Shutaro Hashimoto, Takeo Tadono, Masahiro Hori, Takashi Moriyama and Masahiko Onosato: Development of an Automatic Satellite Data Interpretation System Using Ontology-Based Knowledge Information Processing, The 5th International Symposium on Global COE Program of Center for Next-Generation Information Technology based on Knowledge Discovery and Knowledge Federation (GCOE-NGIT 2012), Hokkaido University, Jan. 16-18, 2012
  • Shutaro Hashimoto: Knowledge Representation, Learning, and Reasoning for Satellite Image Interpretation, Joint Workshop between the Hokkaido University and the Seoul National University, Seoul, Korea, Nov. 17-20, 2011
  • 橋本秀太郎, 田殿武雄, 小野里雅彦, 堀雅裕, 森山隆: 衛星データ判読のためのベイジアンネットワークによる知識表現・学習・推論モデル, 日本リモートセンシング学会第51回学術講演会, 弘前大学創立50周年記念会館, 2011年11月10-11日(「優秀論文発表賞」受賞)
  • 橋本秀太郎: オントロジーに基づく知識情報処理による 高分解能衛星データの自動判読に関する研究, 若手研究者支援のための産学協同GCOE国内シンポジウム, 北海道大学情報系グローバルCOE プログラム「知の創出を支える次世代IT基盤拠点」, 北海道大学, 2011年10月5-6日
  • 岡部慎平, 田殿武雄, 金井理: 衛星ステレオペア画像を用いた都市部における高精度自動数値地表モデル生成に関する研究 〜高層建物屋上部エッジの選択的抽出〜, 精密工学会北海道支部2011年度支部学術講演会, 公立はこだて未来大学, 2011年9月3日
  • Shutaro Hashimoto, Takeo Tadono, Masahiro Hori, Takashi Moriyama, and Masahiko Onosato: A Framework of Ontology-based Knowledge Information Processing for Change Detection in Remote Sensing Data, IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2011, Vancouver, Canada, July 24-29, 2011
  • 橋本秀太郎, 田殿武雄, 小野里雅彦, 堀雅裕, 森山隆: オントロジーに基づく知識情報処理によるリモートセンシングデータからの変化判読の自動化, 日本リモートセンシング学会第50回学術講演会, 日本大学文理学部百周年記念館, 2011年5月26-27日
  • Shutaro Hashimoto, Takeo Tadono, Masahiko Onosato, Masahiro Hori, and Takashi Moriyama: Automatic Change Interpretation for Remote Sensing Data Using an Ontology-based Knowledge Information Process, 34th International Symposium for Remote Sensing of the Environment (ISRSE), Sydney, Australia, April 10-15, 2011

2010年度 (JFY2010)

  • Shutaro Hashimoto, Takeo Tadono, Masahiko Onosato, Masahiro Hori, Takashi Moriyama: Automatic Interpretation of Changes in Bi-Temporal Satellite Images Using Ontology- and Heuristic-Knowledge-Based Inference, Joint Workshop between the Hokkaido University and the Seoul National University, Sapporo, Japan, Nov. 26, 2010
  • Takeo Tadono: Disaster Monitoring Using Satellite Remote Sensing by “Daichi”(ALOS), The 3rd International Symposium on Sentinel Earth, Hokkaido University Conference Hall, November 3-5, 2010
  • Masahiro Hori: Satellite Monitoring of the Recent Acceleration of the Arctic Sea-Ice Shrinkage, The 3rd International Symposium on Sentinel Earth, Hokkaido University Conference Hall, November 3-5, 2010
  • Shutaro Hashimoto, Masahiko Onosato, Takeo Tadono, Masahiro Hori, and Takashi Moriyama: Case Studies of Automatic Change Detection Using AVNIR-2 Onboard ALOS, IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2010, Honolulu, Hawaii, US, July 25-30, 2010
  • 橋本秀太郎, 小野里雅彦, 田殿武雄, 堀雅裕, 森山隆: 画像オブジェクトに基づくコンテキスト認識を用いた変化情報推論, 日本リモートセンシング学会第48回学術講演会, 産業技術総合研究所, 2010年5月27-28日

2009年度 (JFY2009)

  • 本田謙一, 堀雅裕, 中右浩二, 田殿武雄, 森山隆, 本間利久: 衛星リモートセンシングによる森林火災の延焼可能性推定, 日本リモートセンシング学会第47回学術講演会, 名古屋大学, 2009年11月26-27日
  • 橋本秀太郎, 田殿武雄, 堀雅裕, 森山隆, 小野里雅彦: ピクセルベースの変化検出アプローチの比較及び災害事例への応用に関する一検討, 日本リモートセンシング学会第47回学術講演会, 名古屋大学, 2009年11月26-27日
  • Takashi Moriyama: Introduction of "Informatics for System Sensing (Hokudai/JAXA Cooperative Chair)" and the GOSAT and F/O mission, The 2nd International Symposium on Sentinel Earth, Hokkaido University Conference Hall, November 4-5, 2009
  • Takeo Tadono: Introduction of the "Daichi" (ALOS) and F/O mission, The 2nd International Symposium on Sentinel Earth, Hokkaido University Conference Hall, November 4-5, 2009
  • Masahiro Hori: Overview of JAXA's Global Change Observation Mission (GCOM), The 2nd International Symposium on Sentinel Earth, Hokkaido University Conference Hall, November 4-5, 2009




Copyright© 2009- Graduate School of Information Science and Technology,
Hokkaido University / JAXA EORC All rights reserved.