JAXAトップページへ
 サイトマップ
observation_fair_title.jpg

fair99_japanese_title.gif リモートセンシング・ワンダーランド
わたしたちの星のために今できること
NASDA発表文

会場:新都市ホール(横浜そごう9F)
日時:平成11年9月14日(火)・15日(水・祝)<10:00〜17:00>
入場無料

プログラム[14日]

「地球環境はこれからどうなる?」
 地球フロンティア研究システム システム長 松野太郎
「地球を見る最先端の科学」
 中野 不二夫(ノンフィクション作家)
「パネルディスカッション」
 「わたしたちの星のために今できること」

プログラム[15日]
毛利宇宙飛行士打上げ直前スペシャルイベント
米村傳治朗先生の「科学実験セミナー」
「クジラの大追跡〜宇宙から迫るその生態のなぞ」
「宇宙から見たオゾン破壊」
ワークショップ「プチロケットを飛ばそう」

展示<NASDA展示コーナー>〜地球環境がわかる リ・モ・セ・ン〜
打上げ直前!毛利宇宙飛行士の地球観測ミッション
パソコンで遊ぼう
地球観測って何?/パネルの展示
地球観測衛星とロケットの模型
NASDAのオリジナルプリクラ

<主催>
宇宙開発事業団/リモート・センシング技術センター

<後援>
科学技術庁/神奈川県/横浜市/横浜市教育委員会/(社)経済団体連合会・宇宙開発利用推進会議/(社)資源協会 地球科学技術推進機構/(社)日本リモートセンシング学会/(社)日本写真測量学会

<協力>
東海大学情報技術センター/広島工業大学/(財)日本宇宙少年団/横浜そごう

<出展機関>順不同
潟pスコ/日本レコードマネジメント梶^潟Cメージアンドメジャーメント/且ハ真化学/宇宙技術開発梶^鰹報科学テクノシステム/セントラル・コンピュータ・サービス梶^アダムネット梶^三菱商事梶^東海大学情報技術センター/広島工業大学/(財)リモート・センシング技術センター
mouri_m.jpg 宇宙開発事業団
毛利 衛 宇宙飛行士

平成11年10月上旬以降に打上げが予定されているスペースシャトル「エンデバー」にミッションスペシャリストとして搭乗。
本フェア会場にて9月15日午前10時30分より、「毛利宇宙飛行士スペシャルイベント」を開催。
二度目のスペースシャトル搭乗をひかえた毛利宇宙飛行士からのメッセージを上映します。

「地球観測フェア'99」スタンプラリー実施!
開催期間中、フェア会場にて地球観測衛星のスタンプが集まるスタンプラリーを実施します。

夢の地球観測衛星募集〜こんな衛星あったらいいな〜
”宇宙から地球を見守る地球観測衛星から、どんなことを私たちは教えて欲しいんだろう。どんなことを教えてくれたら未来がもっと楽しくなるんだろう。”そんな夢をのせて、自由な発想で創造する観測衛星のアイデアを募集中。8月31日〆切。

<お問い合わせ先>
夢の観測衛星事務局(ランドジャパン内)Tel:03-3401-7000


EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー