JAXAトップページへ
 サイトマップ
タイトル


[A-Z][その他]

Active sensor Active sensor アクティブ センサ 能動型センサ:衛星から電磁波を物体に照射し、物体からの散乱反射波を収集するセンサ
ADEOS Advanced Earth Observing Satellite アデオス 地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」
ADEOS-II Advanced Earth Observing Satellite-II アデオス ツー 環境観測技術衛星
Aerosol Aerosol アエロゾル エアロゾル:気体中に分散し浮遊する個体又は液体の微粒子
Albedo Albedo アルベド アルベド:太陽光又は可視波長範囲について、物体により反射される電磁波量の、物体に入射する電磁波量に対する比
AMSR Advanced Microwave Scanning Radiometer アムサー 高性能マイクロ波放射計(ADEOS-II搭載)
AMSR-E Advanced Microwave Scanning Radiometer-EOS アムサー イー 改良型高性能マイクロ波放射計(EOS-PM1(Aqua)搭載)
AMSU Advanced Microwave Sounding Unit アムス 高性能マイクロ波サウンダ(EOS-PM1(Aqua)搭載)
AOS Acquisition of Signal アオス 信号受信開始
Aqua Earth Observing System PM1(EOS-PM1) アクア NASA/EOS計画の衛星
ARGOS ARGOS System アルゴス 位置算出・データ収集システム
NOAA衛星(米国)等で情報収集を行う。
ARTEMIS Advanced Relay and Technology Mission アルテミス 先端型データ中継技術衛星(ESA)
ASTER Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection radiometer アスター 資源探査用将来型センサ(Terra搭載)
Attitude Attitude アティチュウド 衛星の姿勢をX,Y,Zの3軸のまわりの角度で表したもの。 X軸:飛行方向を限定する軸、まわりの回転をロールという。 Y軸:飛行方向に垂直な軸、まわりの回転をピッチという。 z軸:鉛直方向の軸、まわりの回転をヨーという。
AVIRIS Airborne Visible and Infrared Imaging Spectrometer アビリス 航空機搭載型イメージングスペクトロメータ(NASA/JPL)
AVNIR Advanced Visible and Near-Infrared Radiometer アブニール 高性能可視近赤外放射計(ADEOS搭載)
AVNIR-2 Advances Visible and Near Infrared Radiometer type 2 アブニール ツー 高性能可視近赤外放射計2(ALOS搭載)
Azimuth Azimuth アジマス アジマス方向:アンテナから見た場合の、衛星の進行方向
Earth Ellipsoid Model Earth Ellipsoid Model アースエリプソイドモデル 地球楕円体モデル:地球上の位置を緯度、経度、高さで表現するために用いる基準モデルのこと
IAU International Astronomical Union アイエイユー 国際天文学連合
IC Sea Ice Concentration アイシー 海氷分布/海氷密接度
IDCP Image Data Compression Processor アイディシーピー 画像データ圧縮装置
IDN International Directory Network アイディーエヌ 国際ディレクトリネットワーク(CEOS)
IFOV Instantaneous Field of View アイエフォーブイ 瞬時視野角:センサが瞬間的に見ることが出来る視野(角度)
IGBP International Geosphere - Biosphere Programme アイジービーピー 地球圏-生物圏国際共同研究計画:地球圏変動メカニズムを解明し、その変動予測のための科学的基礎を確立するための計画
IGOS International Global Observing Strategy アイゴス 総合地球観測戦略:科学/運用・研究分野でより高いレベルでの包括的戦略計画を立案するCEOSのコンセプト
ILAS Improved Limb Atmospheric Spectrometer アイラス 改良型大気周縁赤外分光計(ADEOS搭載)
ILAS-II Improved Limb Atmospheric Spectrometer-II アイラスツー 改良型大気周縁赤外分光計II型
IMG Interferometric Monitor for Greenhouse Gases アイエムジー 温室効果気体センサ(ADEOS搭載)
IMS Information Management System アイエムエス JAXA/EOC設備
INPE Instituto National de Pesquisas Espaciais アイエヌピーイー ブラジル国立宇宙研究所(ブラジル)
INT Integration Hard ware アイエヌティー 計装系
IOCS Inter-Orbit Communication Subsystem アイオーシーエス 軌道間通信系:地球観測衛星が、地上局の非可視域でも通信衛星を経由して観測データの伝送を可能とする機能
IR Infrared radiation アイアール 赤外線:可視光の超波長側の端、0.7μm〜1mm間での波長範囲にある電磁波のこと
IRS Information Retrieval Subsystem アイアールエス 検索処理サブシステム(JAXA/EOC設備)
IRS Indian Remote Sensing Satellite アイアールエス インド リモートセンシング衛星(インド)
ISO International Organization for Standardization アイエスオー 国際標準化機構:工業及び科学技術に関する国際規格を制定している国際機関。
ISY International Space Year アイエスワイ 国際宇宙年:1992年に行われた国際的な宇宙活動のイベント
RA Radar Altimeter アールエイ レーダ高度計 (ERS-1/2搭載)
RA Reserch Announcement アールエイ 研究公募
RBV Return Beam Vidicon camera アールビーブイ ランドサットの地球観測センサーの一つ。3号まで搭載された。
RCS Reaction Control Subsystem アールシーエス ガスジェット系
REV REVolution アールイーブイ 周回
RGB Red/Green/Blue アールジービー 赤/緑/青(光の三原色)
RSGS Remote Sensing Ground Station アールエスジーエス リモートセンシング地上局(中国)
RSI RADARSAT International Inc. アールエスアイ RADARSATプロダクトの配布機関
RSP Reference System for Planning アールエスピー 計画立案座標系:衛星の軌道上の位置をパスと緯度引数で表した座標。
RTC Real Time Coverage アールティーシー ADEOS/OCTSでのシーン定義の一種。EOCで直接リアルタイム受信したデータの受信セグメント毎のデータ。受信範囲全体で1シーンとする。

[A-Z][その他]

EA Environment Agency of Japan イーエー 環境庁(2001年1月5日まで)
ECS EOSDIS Core System イーシーエス EOSDISの基盤となるECSは、NASAが運用する9つのDAACからインターネットを通じて地球観測に関する幅広い情報を提供するシステム
EDC Earth Resources Observation System(EROS) Data Center イーディーシー 米国の地球資源観測システム(EROS)のデータセンター(USGSの一部門)
EDG Earth observation system Data Gateway イーディージー 地球科学関連のデータおよび情報を提供することにより地球科学研究を促進することを目的としたNASAのシステム
EL Elevation イーエル 仰角
ELMD Definitive orbital Element イーエルエムディー 軌道決定値(ファイル)
ELMF Elements File イーエルエムエフ 軌道要素情報ファイル:受信局のアンテナ指向のための軌道データの予測値と画像データを正確に処理するための決定値を含んだファイルのことで次の情報が含まれる。
(1)初期軌道要素、(2)生成軌道要素I(8時間毎)、(3)生成軌道要素II(1分毎)
ELMF 1 Elements File 1 イーエルエムエフワン 軌道要素情報ファイル1:ELMFから1分毎の生成軌道要素IIを除いたもの。
ELMP Predictive orbital Element イーエルエムピー 軌道予測値(ファイル)
EMS Environmental Management System イーエムエス 環境管理システム(ISO14001):企業活動、製品及びサービスの環境負荷の低減といった環境パフォーマンスの改善を実施する仕組みが継続的に改善されるシステム。
EOC Earth Observation Center イーオーシー 地球観測センター(JAXA/EOC)
EOIS Earth Observation data and Information System イーオーアイエス 地球観測情報システム:JAXA/EOCの情報管理及び処理・提供系設備の総称
EORC Earth Observation Research and Application Center イーオーアールシー 地球観測利用推進センター(JAXA)
EOS Earth Observation Satellite イオス 地球観測衛星(米国)
EOS Earth Observing System イオス 地球観測計画:NASAのグローバルチェンジを理解するための科学的基礎を得るために地表面、生圏、固体地球、気圏及び海洋を衛星によって長期的に観測する計画。
EOS-AM1 Earth Observing System-AM1 イオスエイエムワン NASA極軌道プラットフォーム(Terra)
EOSAT Earth Observation Satellite Company イオサット LandsatやIRSデータを販売していた世界最大の衛星画像配給会社
1996年にSpace Imaging EOSAT社となる。
EOSDIS EOS Data and Information System イオスディス NASAのMTPE(惑星地球へのミッション)計画によって収集された地球科学に関連する包括的なデータおよび情報を提供するシステム。 (EOS計画全体を対象とした地上データシステム)
EOS-PM1 Earth Observing System-PM1(Aqua) イオスピーエムワン NASA極軌道プラットフォーム(Aqua)
EPS Electoric Power Subsystem イーピーエス 電源系
EQR parallel latitude/longitude projection イーキューアール 等緯度経度図法
ERS European Remote Sensing Satellite イーアールエス ヨーロッパ リモートセンシング衛星
ESA European Space Agency イサ 欧州宇宙機構:欧州各国間の宇宙研究と技術協力を推進する機関
ETM+ Enhanced Thematic Mapper Plus イーティーエムプラス 改良型セマティック マッパ プラス(LANDSAT-7搭載)
ETS-V Engineering Test Satellite-V イーティーエスファイブ 技術試験衛星V型:きく5号(日本)
ETS-V/EMSS Experimental Mobile Satellite System イーティーエスファイブ/イーエムエスエス ETS-V/移動体衛星通信実験
ETS-VI Engineering Test Satellite-VI イーティーエスシックス 技術試験衛星VI型:きく6号(日本)
EUS EOIS User interface Software イーユーエス 地球観測情報システムユーザインタフェース ソフトウェア;JAXA/EOCの衛星データ検索ソフトウェア
EUS/GUI EOIS User I/F Softwear/GUI version イーユーエス/グイ JAXA/EOCの衛星データ検索ソフトウェアパッケージ
EUS/WWW EOIS User I/F Softwear/WWW version イーユーエス/ウェブ JAXA/EOCの衛星データ検索ソフトウェアのWWW版
Incidence angle Incidence angle インシーデンスアングル 地表入射角:センサと地表対象物とを結ぶ直線とその地表面の法線とのなす角
INTELSAT International Telecommunications Satellite Organization インテルサット 国際電気通信衛星機構
Interferometry Interferometry インターフェロメトリ インターフェロメトリ:合成開口レーダに干渉系の手法を組み合わせて、地形の三次元情報を得る技術

[A-Z][その他]

A/D Ascending/Descending エーディ アセンディング/ディセンディング
AADN Americas ALOS Data Node エーエーディエヌ 北南米地域担当ALOSデータノード
ACRES Australian Centre for Remote Sensing エーシーアールエス オーストラリア リモートセンシングセンター
ADDS ALOS Data Distribution System エーディディエス ALOSデータ伝送システム
ADEN ALOS Data European Node エーディエーエヌ ヨーロッパ/アフリカ地域担当ALOSデータノード
ADIS ALOS Data node Interface System エーディアイエス EOC外機関用通信システム
ADN ALOS Data Node エーディエヌ ALOSデータノード機関
ADS Advertisement Subsystem エイディエス ガイドサブシステム(JAXA/EOC設備)
ADS Angular Displacement Sensor エーディエス 高周波角度センサ
AIM AMI Image エイアイエム AMIのイメージモード(ERS-1/2)
AIRS Atmospheric Infrared Sounder エイアイアールエス 大気赤外サウンダ(EOS-PM1(Aqua)搭載)
ALOS Advanced Land Observing Satellite エイロス 陸域観測技術衛星(日本)
AMI Active Microwave Instrument エイエムアイ 能動型マイクロ波観測機器(ERS-1/2搭載)
AOCS Attitude and Orbit Control Subsystem エーオーシーエス 姿勢軌道制御系
AP precipitation エーピー 降水量
ASF Alaska SAR Facility エイエスエフ アラスカSAR施設
ATSR/IR(ATI) Along Track Scanning Radiometer/infrared エイティエスアール/アイアール 航跡沿走査放射計/熱赤外(ERS-1搭載)
AUIG ALOS User Interface Gateway エーユーアイジー ALOSユーザインタフェースゲートウェイ
AVHRR Advanced Very High Resolution Radiometer エイブイエイチアールアール 改良型高分解能放射計(TIROS-N/NOAAシリーズ搭載)
AWA AMI Wave エイダブリュエイ AMI波モード(ERS搭載)
AWI AMI Wind エイダブリュアイ AMI風モード(ERS搭載)
ENVISAT Environmental Satellite エンビサット 環境観測衛星(ESA)
Equatorial crossing Equatorial crossing エクアトリアルクロッシング 降交点時刻:北極から南極方向の軌道において衛星が赤道を横切る時刻
EROS Earth Resources Observation System エロス 米国の地球資源観測システム
ERSDAC Earth Remote Sensing Data Analysis Center エルスダック (財)資源・環境観測解析センター(日本)
ESRIN European Space Research Institute エスリン 欧州宇宙研究所
ESRO European Space Research Organization エスロ 欧州宇宙研究機構(ESAの前身)
ESTEC European Space Technology Center エステック 欧州宇宙技術センター:欧州宇宙機関(ESA)の施設
FCMS Fucino MOS Receiving Station エフシーエムエス フチノMOS受信局(地上局コード)
FD Floppy Disk エフディー フロッピーディスク
FDDI Fiber Distributed Data Interface エフディーディーアイ 光ファイバデータインタフェース:伝送速度が100Mbpsの光ケーブルを使うネットワーク回線のこと。
FOV Field of View エフオーブイ 観測視野:センサの全体が受光できる角
HDDR High-Density Digital Recorder エイチディーディーアール 高密度ディジタルレコーダ
HDDT High-Density Digital Tape エイチディーディーティー 高密度ディジタルテープ
HDF Hierarchcal Data Format エイチディーエフ 様々な計算機環境にあるユーザが容易にデータの相互交換を行えるようにイリノイ大学のNCSAで開発された階層型のフォーマット
HEOC Hatoyama Earth Observation Center エイチイーオーシー 鳩山受信局(JAXA/EOC)の地上局コード
H-II H-II エイチツー H-IIロケット:日本の大型国産ロケット
H-IIA H-IIA エイチツーエイ H-IIAロケット:H-IIロケットの改良型(日本)
HK Housekeeping エイチケイ ハウスキーピング:衛星の内部構成機器の状態監視
HKTLM HouseKeeping Telemetry エイチケイテレメ ハウスキーピング テレメトリデータ:衛星の内部構成機器の状態(温度、電力、動作状態等)を示したデータ
HRV High Resolution Visible Imaging System エイチアールブイ SPOT1~3に搭載されている高分解能センサ(SPOT)
HRVIR High-Resolution Visible and Infrared エイチアールブイアイアール HRVの後継センサ(SPOT-4搭載)
HSB Humidity Sounder for Brazil エイチエスビー マイクロ波水蒸気サウンダ(Aqua搭載)
HSSR High rate Mission data Solid-State Recorder エイチエスエスアール 高速ミッションデータ用データレコーダ
LaRC NASA Langley Research Center エルエイアールシー NASA/ラングレー研究センター(米国)
LCC Lambert Conformal Conic projection エルシーシー ランベルト正角円錐図法:地図投影法の一種。軸が地軸と一致した地球と2標準緯度で交わる円錐を地球に被せて地球の中心から投影する。
LGSOWG LANDSAT Ground Station Operators Working Group エルグソウグ ランドサット地上局運用国間調整会議
LLM Light Load Mode エルエルエム 軽負荷モード
LLP Cylindrical Projection エルエルピー 等割円筒図法:地球を長方形の紙でくるんで光を当て上に映った影を地図とする図法。
LR Laser Reflector エルアール レーザ反射体
LSME LANDSAT/SPOT/MOS/ERS エルエスエムイー 4衛星名の省略名称
LSSR Low rate Mission data Solid-State Recorder エルエスエスアール 低速ミッションデータ用データレコーダ(MDR構成)
LTWG LANDSAT Technical Working Group エルティーダブリュウジー ランドサット技術作業部会(LGSOWGの下部会議)
MCS Media Conversion Subsystem エムシーエス 媒体変換サブシステム(JAXA/EOC設備)
MDHS Mission Data Handling System エムディエイチエス ミッションデータ処理系
MDR Mission Data Recorder エムディーアール ミッションデータ記録装置:衛星に搭載されたデータの記録装置
MER Mercator cylindrical projection エムイーアール メルカトール図法:地図投影法の一種。地球中心から地球にかぶせた円筒面に地球を投影する。
MMO Mission Management and Operation System エムエムオー ミッション運用管理系設備(JAXA/EOC設備)
MOC Mission Operation Center エムオーシー ミッション運用センター(NASA)
MOE Ministry of the Environment エムオーイー 環境省(2001年1月6日から)(日本)
MPMS Maspalomas MOS Receiving Station エムピーエムエス マスパロマスMOS受信局(スペイン)の地上局コード
MSFC Marshall Space Fright Center エムエスエフシー NASA/マーシャル宇宙飛行センター
MSP Maspalomas Tracking Station エムエスピー マスパロマス可搬局
MSR Microwave Scanning Radiometer エムエスアール マイクロ波放射計(MOS-1/1b搭載)
MSS Multispectral scanner エムエスエス マルチスペクトル スキャナ(LANDSAT-1〜5搭載)
MTCS Masuda Tracking and Communication Station エムティシーエス 増田宇宙通信所
MTIR Middle and Thermal Infrared エムティーアイアール 中間・熱赤外:波長3〜13μmまでの電磁波のこと
NCSA National Center for Supercomputing Applications エヌシーエスエイ イリノイ州立大学の研究組織(米国)
NEΔT Noise Equivalent Differential Temperature エヌイーデルタティー 雑音等価温度差:熱赤外センサのラジオメトリック分解能を表す指標の一つ
NGN NASA/NOAA Ground Network エヌジーエヌ ADEOS-IIでの地上ネットワーク網(米国(NASA/NOAA)/日本/フランス)
NIES National Institute for Environmental Studies エヌアイイーエス 国立環境研究所(日本)
NMS Network Management Subsystem エヌエムエス ネットワーク管理サブシステム(JAXA/EOC設備)
NN Nearest Neighbor エヌエヌ 最近隣内挿方式:リサンプリング法の一種。求めたい点に最も近い画像データを内挿データとする方式
NRSA National Remote Sensing Agency エヌアールエスエイ 国立リモートセンシング機関(インド)
NRSCC National Remote Sensing Center of China エヌアールエスシーシー 中国国家リモートセンシングセンター(中国)
NRT Near Real-Time Data エヌアールティー 準リアルタイムデータ
NSCAT NASA Scatterometer エヌスキャット NASA散乱計(ADEOS搭載)
NSIDC National Snow and Ice Data Center エヌエスアイディーシー 米国雪氷センター(米国)
S/C Spacecraft エスシー 衛星本体
S/N Signal to Noise ratio エスエヌ 信号対雑音比:入力信号中の有効な信号(S)と雑音(N)の比
SANCST Saudi Arabian National Center for Science and Technology エスエイエヌシーエスティー サウジアラビア国立科学技術センター(サウジアラビア)
SDPF Sensor Data Processing Facility エスディーピーエフ NASA/センサデータ処理施設
SI Space Imaging, Inc. エスアイ Space Imaging社:米国の衛星データ配給会社
SIE Space Imaging EOSAT エスアイイー IRSの運用取りまとめ会社
SM Soil Moisture エスエム 土壌水分
SMSS Schedule Management SubSystem エスエムエスエス スケジュール管理サブシステム(JAXA/EOC設備)
SN Space Network エスエヌ 衛星間通信網
SNT Santiago Tracking Station エスエヌティー サンチアゴ可搬局
SOM Space Oblique Mercator エスオーエム スペース・オブリーク・メルカトール図法:地図投影法の一種。衛星軌道用の地図投影法で、投影の誤差が小さくなるように各衛星によって走査される領域に適用される
SR Special Resampling エスアール 特殊リサンプリング法
SSA S-band Single Access エスエスエー Sバンド単源接続
SSC Swedish Space Corporation エスエスシー スウェーデン宇宙公社(スウェーデン)
SSQ Subscene Sequential エスエスキュー サブシーンデータ並び(CCTのデータフォーマットの一種)
SST Sea Surface Temperature エスエスティー 海面温度
SSW Sea Surface Wind Speed エスエスダブリュー 海上風速
STA Science and Technology Agency エスティーエイ 科学技術庁(2001年1月5日まで)
STR Structural エスティアール 構造体
STT Star Tracker エスティーティー 恒星センサ
SWIR Shortwave Length Infrared Radiometer エスダブリュアイアール OPS短波長赤外放射計(JERS-1搭載)
SWE Snow Water Equivalent エスダブリュイー 積雪量
XS Multi-Spectral Mode エックスエス HRVの観測モードの一つ (SPOT)

[A-Z][その他]

OADN Oceania ALOS Data Node オーエーディーエヌ オセアニア地域担当ALOSデータノード
Obit inclination Orbit inclination オービットインクリネイション 軌道傾斜角:衛星の昇降点における軌道面と赤道面とのなす角
OCTS Ocean Color and Temperature Scanner オーシーティーエス 海色海温走査放射計(ADEOS搭載)
Off nadir angle Off nadir angle オフナディア オフナディア角:衛星直下点とセンサの指向方向とのなす角
OPS Optical Sensor オーピーエス 光学センサ(JERS-1搭載):VNIRとSWIRの2つのセンサモードを持つ。
Orbit Viewer Orbit Viewer オービットビューア オービット ビューア:NASA/GSFC/TSDISにおいて開発されフリーで配布されている、IDLを利用したTRMM専用のビューア
OREQ Observation Requests handling System オーレック 観測要求受付システム(JAXA/EOC設備)
ORS Observation Requests Subsystem オーアールエス 観測要求システム(JAXA/EORC設備)
OSW OPS-Shortwave infrared band オーエスダブリュ SWIRの略称
OTCS Okinawa Tracking and Communication Station オーティーシーエス 沖縄宇宙通信所
OVN OPS-Visible near infrared band オーブイエヌ VNIRの略称

[A-Z][その他]

Color composit Color composit カラーコンポジット カラー合成:3つのバンドの輝度値分布(白黒画像)に赤、緑、青を割り当ててカラー画像を作ること
KAIST Korea Advanced Institute of Science and Technology カイスト 韓国科学技術院(韓国)

[A-Z][その他]

CAL Calibration キャル 校正
CAP For Centre d'archivage et de prétraitement キャップ Spot Image社にて提供されているSpot画像の標準フォ ーマット。CEOSフォーマット(BIL)の基本的な構造を受け継いでいる。
CATS Catalogue Subsystem キャッツ カタログサブシステム (JAXA/EOC設備)
GAC Global Area Coverage ギャック ADEOS/OCTSのシーン定義の一種。チルトセグメント毎のデータ。日照期間中のデータのみを処理する。
QL Quick Look キューエル クイックルック画像:衛星データ受信時に作成される確認用の簡易処理画像

[A-Z][その他]

Chlorophyll Chlorophyll クロロフィル クロロフィル:植物の光合成に必要な緑色の色素
CNES Centre National d'Etudes Spatiales クネス フランス国立宇宙研究所(フランス)
Cross Track Cross Track クロストラック クロストラック方向:衛星進行方向と直角方向
Ground truth Ground truth グランドトゥルース グランドトゥルース:衛星による地表観測データと地上観測データの正確さや整合性のチェック作業のこと
GUI Graphical User Interface グイ グラフィカルユーザインタフェース:ユーザに対する情報の表示にグラフィックを多用し、大半の基礎的な操作をマウスなどのポインティングデバイスによって行うことができるユーザインターフェースのこと。
QuickSCAT Quick Scatterometer Satellite クイックスキャット 海洋上の様々な気象条件の下での風速、風向を観測するマイクロ波レーダーを搭載した米国ボール・エアロスペース社 の地球観測衛星

[A-Z][その他]

KRN Kiruna Tracking Station ケーアールエヌ キルナ可搬局
KRNS Kiruna MOS Receiving Station ケイアールエヌエス キルナMOS受信局(スウェーデン)地上局コード
KSA Ka-band Single Access ケイエスエイ Kaバンド単元接続
KTCS Katsuura Tracking and Communication Station ケーティーシーエス 勝浦宇宙通信所

[A-Z][その他]

COMB Combined product(TRMM) コンブ TRMM降雨レーダ(PR)とTRMMマイクロ波観測装置(TMI)を組み合わせた複合データ
GOIN Global Observation Information Network ゴーイン 地球観測情報ネットワーク:日米及びアジア・太平洋諸国の地球観測データ流通を促進するための活動

[A-Z][その他]

SAR Synthetic Aperture Radar サー 合成開口レーダ(JERS-1搭載)
Saturation Ratio Saturation Ratio サチュレーション 飽和率:全画素数中で、ある飽和レベルを越えた輝度値の画素数がしめる割合
Sub scene(LSM) Sub Scene サブシーン サブシーン(Landsat/Spot/Mos):フルシーンを4分割したデータ
Sub scene(TRMM) Sub Scene サブシーン サブシーン(TRMM):10度の経度毎にフルシーンデータを分割したもの。
Thermal infrared Thermal infrared サーマルインフラレッド 熱赤外線:波長0.003〜1mm間での電磁波のこと

[A-Z][その他]

C/O Check Out シーオー チェックアウト(衛星搭載機器の機能確認)
CC Cubic Convolution シーシー 3次たたみ込み内挿方式:リサンプリング法の一種。求めたい点の周囲16点の画像データを用いて内挿する方式
CCD Charge Coupled Device シーシーディー 光の情報をデジタルデータに変換する半導体素子のことで、光学センサの受光部に使用されている。
CCRS Canadian Centre for Remote Sensing シーシーアールエス カナダ リモートセンシングセンター
CCSDS Consultative Committee for Space Data System シーシーエスディーエス 宇宙データシステム諮問委員会:機関間での宇宙機の相互運用を実現するために必要なデータシステムの国際標準の勧告を行う。
CCT Computer Compatible Tape シーシーティー 電子計算機適合テープ
CD-ROM Compact Disk-Read Only Memory シ-ディーロム 読み出し専用コンパクトディスク
CIP Catalog Interoperability Protocol シーアイピー カタログ相互運用プロトコル
CIS Catalogue Interoperability Subsystem シーアイエス ブリッジサブシステム(JAXA/EOC設備)
CLS Collecte Localization Satellites シーエルエス ADEOS-II DCS機関
CLW Cloud Liquid Water シーエルダブリュー 雲水量
CNIE Commision National de Investigacines Espaciales Argentina シーエヌアイイー アルゼンチン宇宙研究委員会(アルゼンチン)
CRL Communications Research Laboratory シーアールエル 独立行政法人 通信総合研究所
CSA Canadian Space Agency シーエスエイ カナダ航空宇宙局
CZCS Coastal Zone Color Scanner シーゼットシーエス 沿岸海域カラースキャナー (NIMBUS-7搭載)
GA Geoscience Australia ジーエー ジオサイエンス オーストラリア
GCOM Global Change Observation Mission ジーコム 地球環境変動観測ミッション
GCP Ground Control Point ジーシーピー 地上基準点:画像データの幾何学補正処理等に使用する地上の位置ぎめの為のターゲット
Geometric correction Geometric correction ジオメトリック 幾何学的歪み補正:画像上の各ピクセルの位置座標と地図座標系における対象地物の座標との差異を補正すること。
GeoTIFF GeoTIFF Format ジオティフ GeoTIFFフォーマット:通常のTIFFにリモートセンシング用の情報を付加したフォーマット。
GHRC Global Hydrology Resource Center ジーエイチアールシー 全球水文資源センター(NASA)
GIS Geographical Information System ジーアイエス 地理情報システム:数値化された地図データと台帳などの属性データを組み合わせ、コンピュータ上で一元管理するもので、情報の検索や処理又は解析を容易に行うことのできるシステム
GISTDA Geo-Informatics and Space Technology Development Agency ジーアイエスティーディーエイ タイ地理情報・宇宙技術開発機関(タイ)
GLI Global Imager ジーエルアイ グローバル イメージャ(ADEOS-II搭載)
GMS Geostationary Meteorological Satellite ジーエムエス 静止気象衛星:ひまわり(日本)
GMT Greenwich Mean Time ジーエムティー グリニッジ標準時
GN Ground Network System ジーエヌ 追跡管制地上ネットワークシステム
GOES Geostationary Operational Environmental Satellite ジーオーイーエス 米国の静止気象衛星
GOFC Global Observation of Forest Cover ジーオーエフシー CEOS/IGOSにおける全球森林観測計画
GPS Global Positioning System ジーピーエス 全地球規模位置決定システム
GPSR GPS Receiver ジーピーエスアール GPS受信機
GRS Ground Reference System ジーアールエス 地上参照座標系:観測データの位置を示すための座標系であり、"パス"と"ロウ"で表される。
GRS80 Geodetic Reference System 1980 ジーアールエス80 測地基準系 1980:国際測地学協会及び国際測地・地球物理学連合が1979年に採択した、重力定数、角速度等地球の物理学的な定数及び計算式。JAXA/EOCで処理されるデータに用いられている。
GSFC Goddard Space Flight Center ジーエスエフシー NASA/ゴダード宇宙飛行センター
GT Ground Truth ジーティー グランドトゥルースデータ:地球観測衛星との同期実験の際に地上で取得されたデータ
GTDB Ground Truth Data Base ジーティーデービー 地球観測データベース(JAXA/EOC設備)
GV Ground Validation ジーヴイ グランドバリデーションデータ
JAFIC Japan Fisheries Information Service Center ジャフィック (社)漁業情報サービスセンター(日本)
JAMSTEC Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology ジャムステック 独立行政法人海洋研究開発機構(日本)
JAROS Japan Resources Observation System Organization ジャロス (財)資源探査用観測システム研究開発機構(日本)
JAXA Japan Aerospace Exploration Agency ジャクサ 宇宙航空研究開発機構。宇宙科学研究所(ISAS)、航空宇宙技術研究所(NAL)、宇宙開発事業団(NASDA)が統合し、2003年10月1日に発足した。
JD Julian Day ジェイディー ユリウス日
JEM Japan Experiment Module ジェム 国際宇宙ステーションの取付型多目的実験モジュール(日本)
JERS-1 Japanese Earth Resources Satellite-1 ジェルスワン 地球資源衛星1号「ふよう」
JMA Japan Meteorological Agency ジィエムエー 気象庁(日本)
JPL Jet Propulsion Laboratory ジェイピーエル NASA/ジェット推進研究所(米国)
JRC Joint Research Center ジェイアールシー 欧州連合(EU)の研究センター
JST Japan Science and Technology Agency ジェイエスティー 独立行政法人科学技術振興機構(日本)
JWA Japan Weather Association ジェイダブルエイ (財)日本気象協会(日本)
Scene order Scene order シーンオーダー シーンオーダ:事前にカタログ等を検索し、必要なシーン及びプロダクトを一意に指定して注文要求を行う提供方法。
SeaPAC Sea Winds Processing and Analysis Center シーパック Seawindsの関係機関
SEASAT Sea Satellite シーサット 海洋観測衛星の一般呼称
SeaStar SeaStar シースター 米国の海洋観測衛星
SeaWiFS Seaviewing Wide Field Sensor シーウィフス 海色広域走査計:SeaStar搭載の海洋観測センサ
SeaWinds SeaWinds シーウィンズ 海上風観測装置(ADEOS-II搭載)
SEES Space Environment & Effects System シーズ 宇宙環境計測情報システム

[A-Z][その他]

SKINNY SKINNY Format スキニー 画像データに簡単なアノテーション情報を付加しただけのシンプルな画像データ格納用フォーマット。
SPOT Satellite Probatoire d'Observation de la Terre スポット フランスの地球観測衛星
SPOT IMAGE SPOT IMAGE スポットイマージュ Spot Image社:SPOTデータの配給会社
Standing order Standing order スタンディングオーダー スタンディングオーダ:TRMMから新たに採用された提供方法であり、あらかじめ受け付けた要求(期間要求)に対し、継続的にプロダクトを作成しPI等のユーザに提供する方法。
Stereoscopic images Stereoscopic images ステレオイメージ ステレオ画像:対象地域を間隔をおいた2点から重なりをもって撮影した画像
SUPARCO Space and Upper Atmosphere Research Committee スパルコ 宇宙高層大気研究委員会(パキスタン)
Swath width Swath width スワス 観測幅:センサが地表面を観測する幅

[A-Z][その他]

CEOS Committee on Earth Observation Satellites(CEOS) セオス 地球観測衛星委員会:各国の宇宙関連機関が集まり、データフォーマットやカタログ相互運用等の地球観測に関する標準、国際的な情報インフラ、将来的な開発や協力に関わる構想を行う組織。
CEOS-BIL Band Interleaved by Line セオスビーアイエル CEOSで標準化が図られたフォーマット。ライン毎に全ての画像データが格納されたフォーマット。
CEOS-BSQ Band Sequential セオスビーエスキュー CEOSで標準化が図られたフォーマット。画像データが各バンド毎にファイル構成されたフォーマット。
CEOS-IDN CEOS International Directory Network セオスアイディーエヌ 国際ディレクトリネットワーク:CEOSで提唱され、JAXA、NASA、ESA、CCRSの国際ノードで運用されている、衛星観測データに関する全世界のデータセット情報(文字情報)を検索、入手することができるデータベースシステム。
CEOS-WGCV CEOS-Working Group on Calibration and Validation セオスダブルジーシーブイ 校正・検証作業部会(CEOS):地球観測データ成果品の品質。精度、及び長期的信頼性の維持向上を目的とした作業部会。
CEOS-WGISS CEOS Working Group on Information Systems and Services セオスウィギス 情報システム/サービスワーキンググループ(CEOS):ユーザやデータ提供者に対し、地球規模又は地域的規模でのデータ及び情報の管理とサービスを行うシステムの試験・開発を行う作業部会。
CERES Clouds and the Earth's Radiant Energy System セレス 雲地球放射エネルギー観測装置(TRMM及びAqua搭載)

[A-Z][その他]

DAAC Distributed Active Archive Centers ダック 地球科学に関する衛星観測および地上観測データや情報の収集、保管および提供を行っているアメリカの分散型活動記録センターの総称。
DAS Data Analysis System ダス データ解析処理サブシステム(JAXA/EORC設備):衛星データの処理アルゴリズム、校正・検証を行うための計算機環境並びに地上観測データを提供するシステム
DAT Digital Audio Tape ダット JAXA/EOCの提供媒体
TACC Tracking and Control Center タック 筑波追跡管制センター(JAXA施設)
TACS Tracking and Communication Station タックス 勝浦、増田、沖縄宇宙通信所(JAXA施設)
Tar Tape Archival and Retrieval format ター 複数のファイルを一つのファイルにまとめるアーカイブ形式の一つ。UNIX系OSで広く普及している形式である。
WFF Wallops Flight Facility ダブリューエフエフ ワロップス飛行施設(NASA/GSFC)
WGS84 Wold Geodetic System 1984 ダブリュージーエス84 世界測地系 1984:米国が構築・維持している世界測地系
WRS World Reference System ダブリューアールエス 世界参照座標系
WV Water Vapor ダブリューブイ 水蒸気量

[A-Z][その他]

Tilt angle Tilt angle チルトアングル チルト角:センサの可動角度(傾き)

[A-Z][その他]

D1 Digital Data Cartridge ディーワン JAXA/EOCの提供媒体
DCP Data Collection Platform ディーシーピー データ収集プラットフォーム:DCSで用いられる無人観測装置(ブイ等)のこと。
DCS Data Collection System ディーシーエス データ収集システム:無人観測装置(ブイ等のDCP)からの観測データを収集し、衛星経由でデータを世界中のユーザーに伝送するシステム
DDMS Data Distribution and Management System ディーディーエムエス データ総合管理・提供システム:JAXA/EOCにおける情報管理及びデータ提供系設備の総称
DDS Data Distribution Subsystem ディーディーエス 処理済みデータ伝送サブシステム(JAXA/EOC設備)
DEM Digital Elevation Model デム 地上の形状を表現するためのデータ(ディジタル標高モデル)
DES Data Editing Subsystem デス データ編集サブシステム(JAXA/EOC設備)
DFAS DMS Flight Application Software ディーエフエーエス 自動化自律化ソフトウェア
DIF Directory Interchange Format ディフ CEOS-IDNモード間で交換するディレクトリ情報のフォーマット
DLT Digital Linear Tape ディーエルティー ディジタル リニア テープ:JAXA/EOCでのデータ保存媒体として用いている。
DM Deployment Monitor ディーエム 展開モニタ
DMSP Defence Meteorological Satellite Program ディーエムエスピー 米国国防省気象衛星
DPS Data Processing Subsystem ディーピーエス データ処理設備(JAXA/EOC設備)
DRC Data Relay satellite Communication ディアールシー データ中継衛星通信部
DRS Data Retrieval Subsystem ディーアールエス データ提供サブシステム(JAXA/EOC設備)
DRTS Data Relay Test Satellite ディーアールティーエス データ中継技術衛星(日本)
DSS Data Storage System ディーエスエス データ保存システム(JAXA/EOC設備)
DT Direct Transmission subsystem ディーティー 直接伝送系
DTM Digital Terrain Model ディーティーエム ディジタル地形のモデル
TASN Thailand ALOS data Sub-Node ティエーエスエヌ タイALOSデータサブノード
TB6.9GHz Brightness Temperature ティ-ビーロクテンキュウギガヘルツ 輝度温度
TB36.5GHz Brightness Temperature ティ-ビーサンジュウロクテンゴギガヘルツ 輝度温度
TB89.0GHz Brightness Temperature ティ-ビーハチジュウキュウテンゼロギガヘルツ 輝度温度
TCS Thermal Control Subsystem ティシーエス 熱制御系
TDRS Tracking & Data Relay Satellite ティーディーアールエス データ中継衛星(NASA)
TEDA Technical Data Acquisition Equipment テダ 技術データ取得装置(ADEOS,ADEOS-II搭載);衛星の飛行する宇宙環境を計測するための装置
Terra Earth Observing System AM1(EOS-AM1) テラ EOS計画の衛星
TKSC Tsukuba Space Center ティーケイエスシー 筑波宇宙センター(JAXA施設)
TLM Telemetry data テレメ テレメトリデータ:電波で送られてくる衛星やロケット本体及び内部機器に関する様々な情報のこと。
TM Thematic Mapper ティーエム セマティック マッパ(LANDSAT-4/5搭載)
TMI TRMM Microwave Imager ティーエムアイ TRMMマイクロ波観測装置(TRMM搭載)
TRMS Tromsoe MOS Receiving Station ティーアールエムエス トロムセMOS受信局(ノルウェー)
TSDIS TRMM Science Data and Information System ティスディス TRMM科学データ情報システム(NASA)
TSIC Tokai university Space Information Center ティーエスアイシー 東海大学宇宙情報センターの地上局コード(日本)
TT&C Tracking Telemetry & Command ティーティアンドシー 人工衛星を追跡管制するために行われる、測位・距離、テレメトリ受信及びコマンド送信運用

[A-Z][その他]

Tokyo Bessel Tokyo Bessel トウキョウベッセル 測地座標系の一種。JAXA/EOCで処理されるデータに用いる。
TOMS Total Ozone Mapping Spectrometer トムス オゾン全量分光計(ADEOS搭載)
TRIC Tokai university Research & Information Center トリック 東海大学情報技術センター
TRMM Tropical Rainfall Measuring Mission トリム 熱帯降雨観測衛星(日/米)
True color True color トゥルーカラー トゥルーカラー:画像のカラー合成の一種であり、肉眼視に近い発色となる。

[A-Z][その他]

NASA National Aeronautics and Space Administration ナサ アメリカ航空宇宙局(米国)
NASDA National Space Development Agency of Japan ナスダ 旧宇宙開発事業団(日本)。2003年10月1日より宇宙科学研究所(ISAS)、航空宇宙技術研究所(NAL)、宇宙開発事業団(NASDA)が統合しJAXAに名称変更。
Natural color Natural color ナチュラルカラー ナチュラルカラー:画像のカラー合成の一種であり、自然な色に近い発色となるが真の天然色とは異なる

[A-Z][その他]

NESDIS National Environmental Satellite Data and Information Service ネスディス 国立気象衛星データ情報サービス(米国)

[A-Z][その他]

NOAA National Oceanic and Atmospheric Administration ノア 海洋大気庁(米国)

[A-Z][その他]

Biomass Biomass バイオマス バイオマス:植生群落の単位面積あたりの全量
Bird's eye view image Bird's eye view image バードアイズビューイメージ 鳥瞰(ちょうかん)画像:鳥が高所から地上を眺めたように見せた画像
PALSAR Phased Array type L-band Synthetic Aperture Radar パルサー フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(ALOS搭載)
PAN Panchromatic Sensor パン IRS-1C/1Dに搭載されている単バンドのセンサ
Passive Sensor Passive sensor パッシブセンサ 受動型センサ:太陽光を受けた地上の物体が反射する電磁波や物体自らが放出する電磁波を収集するセンサ
Path/Row Path/Row パス/ロウ パス/ロウ:衛星データの1シーンあたりの位置を特定するための呼称で東から西をパス、北から南をロウという。

[A-Z][その他]

BDS Browse data Distribution Subsystem ビーディーエス 画像カタログデータ伝送サブシステム(JAXA/EOC設備)
BER Bit Error Rate ビーイーアール ビット誤り率
BKMS Bangkok MOS Receiving Station ビーケイエムエス バンコクMOS受信局の地上局コード(タイ)
BL Bi-Linear ビーエル 双1次内挿方式:リサンプリング法の一種。求めたい点の周囲4点の画像データを用いて内挿する方式
PD Primary Distributor ピーディー プライマリディストリビュータ
PDL Solar Paddle ピーディーエル 太陽電池パドル
PFM Proto-Flight Model ピーエフエム プロト フライト モデル(衛星の打ち上げ用の実機)
PI Principal Investigator ピーアイ 主任研究者:RAによりJAXAと共同研究契約を結んだ研究者のこと。
PR Precipitation Radar ピーアール 降雨レーダ(TRMM搭載)
PRT Perth Tracking Station ピーアールティー パース可搬局
PS Polar Stereo ピーエス ポーラステレオ図法:地図投影法の一種。投影面と反対側の地球表面上(極)を視点として投影する。
VIRS Visible Infrared Scanner ビルス 可視赤外観測装置(TRMM搭載)
Visible light Visible light ビジブルライト 可視光線:人間の目が感じることのできる波長の電磁波で、目に見える光のこと。波長範囲は0.4〜0.7μmで、波長が短くなるに従って、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の順に色がついて見える。

[A-Z][その他]

False color False color フォールスカラー フォールスカラー:画像のカラー合成の一種であり、植生が赤系統に発色し、植生の種類、活力等を判読するのに用いられる
FAST-L7A FAST-L7A Format ファストエルナナエー FAST-L7Aフォーマット:Space Imaging社がLANDSAT用に使用していたFAST-CフォーマットをETM+用に修正したもの。
Fixed area sub scene Fixed area sub scene フィクスドエリアサブシーン 固定域サブシーン(TRMM):南緯5度~北緯35度、東経80度~160度の範囲で切り出したもの。
Footprint Footprint フットプリント フットプリント:マイクロ波センサが広がりのある対象面を観測するときに、対象物面上でアンテナの主ビームが見込む範囲
Full scene Full Scene フルシーン フルシーン:シーン単位のデータ。サブシーンに対して、シーン全体を指すときに用いる。
PRISM Panchromatic Remote-sensing Instrument for Stereo Mapping プリズム パンクロマチック立体視センサ(ALOS搭載)
Product Product プロダクト プロダクト:処理済み衛星データ(提供品)
VC Virtual channel ブイシー 仮想チャンネル
VMD Virtual channel Multiplexer and Distributor ブイエムディー VC多重化分配装置
VNIR Visible and near infrared Radiometer ブイエヌアイアール OPS可視近赤外放射計(JERS-1搭載)
VTIR Visible and Thermal Infrared Radiometer ブイティアイアール 可視熱赤外放射計(MOS-1/1b搭載)

[A-Z][その他]

Vegetation index Vegetation index ベジテイションインデックス 植生指標:リモートセンシングの多バンドのデータから求められる植生の有無・多少・活性度を示す指標

[A-Z][その他]

PO.DAAC Physical Oceanographic Distributed Active Archive Center ポダック 海洋物理関連のDAAC
Pointing angle Pointing angle ポインティングアングル ポインティング角:センサが観測方向を変化させる角度
POLDER Polarization and Directionality of the Earth's Reflectances ポルダー 地表反射光観測装置(ADEOS及びADEOS-II搭載)

[A-Z][その他]

Maneuver Maneuver マヌーバ 軌道制御(マヌーバ):衛星の軌道を制御するための操作
Map Projection method Map projection method マッププロジェクション 地図投影法:地球表面を平面上に投影して表現する方法
Micro wave Micro wave マイクロウェーブ マイクロ波:波長1cmから1mまでの電磁波のこと。

[A-Z][その他]

MIFS Mission Information Server ミフス 共通情報保存システム(JAXA/EOC設備)
MITI Ministry of International Trade and Industry ミティー 通商産業省(2001年1月5日まで)(日本)

[A-Z][その他]

MESSR Multispectral Electronic Self-Scanning Radiometer メッサー 可視近赤外放射計(MOS-1/1b搭載)
METEOSAT Meteorology Satellite メテオサット ESAの静止気象衛星
METI Ministry of Economy Trade and Industry メティー 経済産業省(2001年1月6日から)(日本)
MEXT Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology メクスト 文部科学省(2001年1月6日から)(日本)

[A-Z][その他]

MODIS Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer モディス 中間分解能撮像分光放射計(Aqua搭載)
MOS-1/1b Marine Observation Satellite-1/1b モスワン/ワンビー 海洋観測衛星1号/1号b「もも」

[A-Z][その他]

URS User Requirement management Subsystem ユーアールエス 要求処理サブシステム(JAXA/EOC設備)
USB Unified S-Band ユーエスビー 統一Sバンド
USGS The United State Geological Survey ユーエスジーエス 米国地質調査所(米国)
UT Universal Time ユーティー 世界標準時
UTC Coordinated universal time ユーティーシー 協定世界時
UTM Universal Transverse Mercator ユーティーエム ユニバーサル横メルカトール図法:地図投影法の一種。円筒を子午線に接するように設定し、中心投影により地表面を円筒面に投影

EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー