JAXAトップページへ
 サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left.gif地球観測衛星の種類
spacer.gifsub_directry_end.gifLANDSAT
left_on.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry.gifLANDSAT ETM+
spacer.gifsub_directry.gifLANDSAT MSS
spacer.gifsub_directry_end.gifLANDSAT TM
left.gif初画像

corner.gif
etm_title.gif

ETM+ Image

《 概要 》

 ETM+は固定された位置で直下観測するマルチスペクトル放射計で、地表の情報を高い解像度で取得出来る性能があります。センサーには8つに分類されたバンドがあり、スペクトルの可視および赤外域の反射/放射を検知出来ます。

 ETM+はランドサット4号と5号に搭載されたセマティックマッパー(TM)の改良版ですが、これまでのランドサットデータとの継続性が保たれています。センサーで改良された点には、熱赤外(バンド6)の空間分解能の改善や放射量校正機器の改良、パンクロマチックバンド(バンド8)の追加が挙げられます。



《 ETM+主要諸元 》

バンド 波長 解像度
1 0.45-0.52mm 30m
2 0.52-0.60mm 30m
3 0.63-0.69mm 30m
4 0.76-0.90mm 30m
5 1.55-1.75mm 30m
6 10.4-12.5mm 60m
7 2.08-2.35mm 30m
8 0.50-0.90mm 15m




EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー