ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球が見える 2014年

極域のモニタリング〜パイン島氷河の分離〜

 2009年1月に打ち上げた温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)に搭載されているTANSO-CAI(雲・エアロゾルセンサ)で観測された南北両極の画像です。図1が2013年6月20日の北極、図2が2013年11月18日の南極観測画像です。軌道が交差する極域であれば、このように一日で両極の広い範囲をカバーする事ができます。

北極域2013年6月20日観測南極域2013年11月18日
図1 北極域2013年6月20日観測   図2 南極域2013年11月18日

 広範囲な観測が可能であるという特徴を言い換えれば、頻度が高い観測が可能であるとも言え、 TANSO-CAIのような光学センサでは、夏季の北極、また冬季の南極で毎日観測が可能です。この特徴を生かした例が、図4に示す南極氷河のモニタリングです。パイン島氷河 (図3)を2013年11月4日から18日までの日々の観測画像です(図4)。図中、白く見えている箇所は、氷もしくは氷に覆われた陸地です。暗く見えている部分は氷に閉ざされていない海面です。
画像中央部の海面に、右手下方から突き出している箇所が、パイン島氷河の先端部分です。その先端部分の根元に11月7日頃から亀裂が見られます。11日頃には亀裂が顕著に認められ、氷塊となり徐々に離岸している様子が分かります。この氷塊は、およそ35km x 20km四方の大きさと見積もられており、シンガポール程度の大きさになるそうです(参照1)。

パイン島氷河の位置
図3 パイン島氷河の位置

パイン島氷河周辺の2013年11月4日〜18日の CAI RGB画像
図4 パイン島氷河周辺の2013年11月4日〜18日の CAI RGB画像

パイン島氷河周辺の2013年12月8日〜2014年2月26日の CAI RGB画像
図5 パイン島氷河周辺の2013年12月8日〜2014年2月26日の CAI RGB画像

 分離した巨大な氷塊は、少しずつ大陸から離れる方向へ海面を漂っていく様子が、その後の観測からみてとれます(図5)。さらに、当月までの観測データで作成したアニメーションを図6に示します。分離した大きな氷塊の周辺に存在する小さな氷塊の動きを追うと、流れていく様子が顕著に分かります。

パイン島氷河の分離の様子2013年11月1日〜2014年3月11日の CAI RGB画像
図6 パイン島氷河の分離の様子2013年11月1日〜2014年3月11日の CAI RGB画像

このように大規模な氷河や海氷の動きは、地球温暖化、気候変動の研究のための重要な指標となっていることはもちろんのこと、南極の国際航路帯へ達する恐れなど、周辺海域の船舶航行の安全確保という観点からも継続的に注視されています。地球観測衛星により海氷の動きの定期的なモニタリングが可能となり、海の監視への期待が高まっています。



観測画像について


観測衛星: 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)
観測センサ: 雲・エアロソルセンサ(TANSO-CAI)
地上分解能: 500 m

 TANSO-CAIは、温室効果ガス測定の誤差要因となる雲やエアロゾルの観測を行い、温室効果ガスの観測精度を向上します。
TANSO-CAIは、4つのバンドで地上を観測します。図1、2、4は、いずれも可視域のバンド2(664 〜 684ナノメートル)、近赤外域のバンド3(860〜880ナノメートル)、可視域のバンド1(370〜390ナノメートル)を赤、緑、青に割り当てカラー合成しました。この組合せでは、肉眼で見たのと似た色合いとなりますが、実際の色を表しているのではありません。おおよそ色については下記のような対象物を表しています

濃緑: 森林
明るい緑: 草原、耕作地
茶色: 裸地
青: 水域
白:
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP