画像ライブラリー

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)が観測した種子島

図1: 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)が観測した種子島

図1: 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)が観測した種子島
(クリックで拡大画像へ)

図2: 種子島(左図枠内部分拡大)

1.大型ロケット発射場 2.種子島灯台 3.総合指令棟 4.竹崎展望台
図2: 種子島(左図枠内部分拡大)
(クリックで拡大画像へ)

上の図は、宇宙航空研究開発機構が開発した陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)によって2006年2月17日の昼間(10時50分頃)に観測された鹿児島県種子島の画像です。この画像は、人の目で見た色に近い色で表現されており、地上分解能は10mです。例えば、海岸沿いの砂浜や浅瀬、内陸の植物や建物などが判別されているのが分かります。また、南種子町の竹崎展望台や、H-IIAロケットの打ち上げが予定されている大型ロケット発射場が鮮明に映し出されています。AVNIR-2によって得られる可視光から近赤外線までの4つの観測波長帯の情報を組み合わせることにより、農作物や森林の元気の度合い、土地の利用状況、地域環境の変化などを知ることができます。
©JAXA EORC