画像ライブラリー

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)で観測したインドネシア・ジャワ島南部のパガンダランの津波被災地

津波被害のあったパンガンダラン周辺地域を、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)(空間分解能10m)により2006年7月21日に観測しました。被災前(7月4日)のパンクロマチック立体視センサ(PRISM)(空間分解能2.5m)の画像と比較したところ、海岸線(図c)や海岸にある建築物(図a,b)の変化を確認できました。なおこれらの画像は、アジア防災センター(ADRC)と協力してインドネシアの災害関係機関(BAKORNAS)に提供しました。
パンクロマチック立体視センサ(PRISM)および高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)により観測したインドネシアジャワ島パンガンダラン周辺の比較画像(クリックで拡大画像へ)
図1

図1

図2

図2

図1のa, bの拡大画像(クリックで拡大画像へ)
  • 図1,a

    図1,a

  • 図1,b

    図1,b

  • 図1,c

    図1,c

図2のa, b, cの拡大画像(クリックで拡大画像へ)
  • 図2,a

    図2,a

  • 図2,b

    図2,b

  • 図2,c

    図2,c

©JAXA