防災・災害

航空機搭載Lバンド合成開口レーダ2(Pi-SAR-L2)による小笠原諸島西之島付近の観測結果 (2) 2014年2月4日実施について

概要

2013年11月20日16時ごろ、東京から南に約1000km、小笠原諸島の父島から西に約130kmの位置にある西之島の近海において、直径200m程度の新島が出現しました。以後、活発な噴火活動に伴って新島は成長を続け、2013年12月26日9時ごろには西之島と新島が一体化したことが確認されました。2014年2月現在も噴火活動は継続しています。

宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)は、航空機搭載Lバンド合成開口レーダ2(Pi-SAR-L2: Polarimetric and Interferometric Airborne Synthetic Aperture Radar L-band 2)*1を用いた同島の活動状況の観測を、昨日2014年2月4日に実施しました。前回の観測(2014年1月15日)の観測結果と比較して、島の面積が大きく拡大していることを確認しました。また、今回は低空飛行による光学写真の取得も行いました。

図1:小笠原諸島(父島・母島)及び西之島の位置図
図1: 小笠原諸島(父島・母島)及び西之島の位置図
(a) 2014年1月15日 西側から観測
(a) 2014年1月15日 西側から観測
(b) 2014年1月15日 東側から観測
(b) 2014年1月15日 東側から観測
(c) 2014年2月4日 西側から観測
(c) 2014年2月4日 西側から観測
(d) 2014年2月4日 東側から観測
(d) 2014年2月4日 東側から観測
図2: Pi-SAR-L2により観測された西之島付近の画像(クリックで拡大画像へ)

図2は、Pi-SAR-L2で観測された西之島付近の2km四方の拡大画像で、(a)・(b)は2014年1月15日に島の西側・東側から観測した画像を、(c)・(d)は2014年2月4日に島の西側・東側から観測した画像を示しています。それぞれ、HH偏波を赤、HV偏波を緑、VV偏波を青色に割り当ててカラー合成しています。また、(e)はHV偏波での2014年1月15日、2月4日観測画像の差の絶対値を示しており、南側の白い領域が2014年1月15日に比べて領域が増えていると考えられる箇所です。19日間に概略0.12km²広がったことが推定されます。先日発表したコスモスカイメッドの画像(2013年12月31日取得) や、2014年1月15日の画像と比較して、新島が更に大きくなっていることがわかります。

(a), (b) Pi-SAR-L2により観測された西之島付近の画像(2014年1月15日)

(c), (d) Pi-SAR-L2により観測された西之島付近の画像(2014年2月4日)

(e) 2014年1月15日と2月4日のHV偏波での差の絶対値

図2: 2014年1月15日と2月4日観測結果の比較
(e) 差の絶対値 西側から観測(西之島南部の白い周辺部が1月15日に比べて広がっているところ)
図2: 2014年1月15日と2月4日観測結果の比較(クリックで拡大画像へ)

図3は同時に取得した高度400~500mからの空撮画像で、噴煙が2か所から上がっていることが確認できます。

(*1) Pi-SAR-L2:
Pi-SAR-L2は、1996年から2011年に渡って運用されたPi-SAR-Lの改良版であり、分解能や感度を今後打ち上げ予定のALOS-2に対応したものに引き上げた航空機SARです。スラントレンジ分解能は1.76mときわめて高く、水平・垂直偏波を用いて全偏波画像を得ることができるポラリメトリ(Polarimetry)機能を持ちます。

図3: 2014年2月4日観測時の光学写真
図3: 2014年2月4日観測時の光学写真 カメラ: Canon EOS 5D Mark II、レンズ:EF24-105mm F4L IS USM(クリックで拡大画像へ)