防災・災害

「だいち2号」による御嶽山噴火の観測結果 (3)

2014年9月27日午前11時53分頃(日本標準時、以下同様)、長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山(おんたけさん)が噴火しました。

宇宙航空研究開発機構 (以下、JAXA) は、2014年9月27日から10月2日にかけて、陸域観測技術衛星「だいち2号」(ALOS-2) 搭載のLバンド合成開口レーダ (PALSAR-2;パルサー2) を用いて、合計5回、御嶽山を観測いたしました。以下に、10月2日(本日)の観測結果を示します。本日の観測は、御嶽山を西側から32度の入射角で見下ろしたもので、地獄谷の谷壁の状況をこれまで以上に詳細に観測することができました(図3参照)。

図1に、PALSAR-2による観測範囲(赤枠)と「だいち2号」の軌道(青線)を示します。

図2は、10月2日12時30分頃に御嶽山付近を観測したPALSAR-2の高分解能[3m]モード (1偏波) の(入射角32°)画像です。画像中央部に御嶽山が位置します。

図1: 観測範囲 (数値標高データはGTOPO30を使用)
図1: 観測範囲 (数値標高データはGTOPO30を使用)
図2: 御嶽山付近のPALSAR-2画像
図2: 御嶽山付近のPALSAR-2画像 (クリックで拡大画像へ)

図2中の赤枠で示した御嶽山山頂付近の拡大図を図3に示します。図3の黄色に囲んだところに、窪み(火孔)や地獄谷上部の稜線から下る斜面の状況が確認できます。

図3: 御嶽山山頂付近のPALSAR-2画像
図3: 御嶽山山頂付近のPALSAR-2画像 (クリックで拡大画像へ)

観測されたPALSAR-2画像は国内防災関連機関へ提供しました。これまでに取得した画像は表1の通りです。御嶽山の観測は今後も継続いたします。

表1 御嶽山の観測画像リスト
No. 観測日時(JST) 観測モード 観測方向 入射角(度) 北向/南向
1 2014/08/18 23:59 高分解能[3m] 右観測 46.4 北向
2 2014/09/27 23:17 高分解能[3m] 左観測 18.0 北向
3 2014/09/28 12:45 高分解能[3m] 左観測 46.4 南向
4 2014/09/28 23:37 高分解能[3m] 右観測 21.9 北向
5 2014/09/29 23:59 高分解能[3m] 右観測 46.4 北向
6 2014/10/02 12:30 高分解能[3m] 左観測 32.4 南向