防災・災害

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による東日本大震災の緊急観測結果

2011年3月11日14時46分頃、東北地方の太平洋沖で国内観測史上最大となるマグニチュード9.0と推定される地震が起こりました。宮城県栗原市で震度7、仙台市で震度6強、東京都で震度5強が観測されるなど、広範囲で強い揺れが観測されました。また、同日15時15分頃に茨城県沖でマグニチュード7.4の地震が発生するなど、余震も相次いで起こっています。この地震の影響で発生した津波は、震源に近い東北地方の太平洋側では最大で10メートル以上の高さに達したと見られ、沿岸地域に甚大な被害を与えています。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では2011年3月12日10時28分頃(日本時間)に陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー)*1とパンクロマチック立体視センサ(プリズム)*2により現地の緊急観測を実施しました。

図1は今回観測した画像全体の様子を示したもので、アブニール・ツーのバンド3, 2, 1を合成したトゥルーカラー合成画像で表示しており人の目で見た色に近くなっています。明るい白色は雪や雲ですが、雲の隙間から市街地や農耕地が冠水している様子を確認することができました。
図1: 今回観測した画像全体
図1: 今回観測した画像全体 (クリックで拡大画像へ) 観測日時: 2011年3月12日10時28分頃(日本時間) センサ: AVNIR-2(アブニール・ツー) ポインティング角: 0°、黄色枠:図2の範囲
図2は災害後の2011年3月12日および災害前の2008年5月17日に観測されたプリズムとアブニール・ツーから作成されたパンシャープン画像*3です。黄色い枠が津波により冠水していると考えられる箇所で、今回は観測範囲から外れましたが東側には仙台空港があります。ここは太平洋岸から5キロメートルほど内陸に入った地域ですが、津波がここまで達していることから今回の地震の大きさが伺えます。
図2: 名取市の冠水の様子(約5km×5kmのエリア)
図2: 名取市の冠水の様子(約5km×5kmのエリア) 左: 災害後(2011年3月12日)、右: 災害前(プリズム:2008年5月17日) (クリックで拡大画像へ)

なお、JAXAでは今後も当該地域を継続して観測する予定です。

*1 高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー):

青域から近赤外域の電磁波を4つのバンドで観測することができる光学センサで、衛星直下を観測の際には幅70kmの範囲を地上10mで識別できる能力があります。また、東西44度まで観測範囲を変更することができるポインティング機能を有しています。今回の画像は0度で取得しました。

*2 パンクロマチック立体視センサ(プリズム):

「だいち」進行方法に対して真下(直下視)と斜め下(前方視、後方視)の画像をほぼ同時に取得することができる光学センサで、衛星直下で地上2.5mのものが識別できる能力(地上分解能)を有しています。

*3 プリズムとアブニール・ツーによるパンシャープン画像:

プリズムとアブニール・ツーによるパンシャープン画像とは、2.5mのものが識別できる能力(地上分解能)を持つプリズムと、地上分解能10mですがカラー情報を持つアブニール・ツーを用いて、擬似的に地上分解能2.5mのカラー画像にしたものです。

©JAXA EORC