防災・災害

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による霧島山(新燃岳)噴火における緊急観測結果(2)

2011年1月19日午前1時27分頃に、宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島山(新燃岳)にて小規模な噴火が発生しました。その後噴火が続き、1月27日午後3時41分頃には大きな空気振動を伴う爆発的噴火が観測されました。宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)では1月21、23、24、28、29、30日に引き続き、1月31日午前11時19分頃に陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー)*1により現地の緊急観測を実施しました。この観測では、新燃岳火口付近から立ち上った噴煙が、南東方向へ広がっている様子がわかりました。なお、1月21、23、24、29日のアブニール・ツー観測画像は、多くの雲に覆われ霧島山および被災地域の確認に至りませんでした。

図1は今回観測した画像全体の様子を示したもので、アブニール・ツーのバンド3, 2, 1を合成した画像で表示しており人の目で見た色に近くなっています。
図1: 今回観測した画像全体
図1: 今回観測した画像全体 (クリックで拡大画像へ) 観測日時: 2011年1月31日11時19分頃(日本時間) センサ: AVNIR-2(アブニール・ツー) ポインティング角: 27° 紫色枠: 図2の範囲

図2-1は噴火後の2011年1月31日と噴火前の2009年12月29日に観測された画像を示しています。 1月31日の画像では新燃岳火口付近から立ち上った噴煙が、南東方向へ広がっている様子がわかります。 図2-2は1月30日13時57分頃に起った爆発的噴火の直前午前10時39分頃に観測された画像です。雲で覆われた部分が多いですが、噴煙が東方向に広がり、宮崎市付近まで届いている様子が分かります。

図2-1: 新燃岳の噴煙の様子(約60km×60kmのエリア)
図2-1: 新燃岳の噴煙の様子(約60km×60kmのエリア) 左:噴火後(2011年1月31日)、右:噴火前(2009年12月29日) 黄色枠:図3~6の範囲 (クリックで拡大画像へ)
図2-2: 新燃岳の噴煙の様子(約50km×70kmのエリア)
図2-2: 新燃岳の噴煙の様子(約50km×70kmのエリア) 噴火後(2011年1月30日) (クリックで拡大画像へ)
図3は噴火後の2011年1月31日と28日、噴火前の2009年12月29日に観測された画像から、噴火口付近を拡大したものです。アブニール・ツーのバンド4, 3, 2を合成した画像で表示しており、植生(赤色)と雲域(白色)が明瞭に区別できます。2011年1月31日の画像では新燃岳火口の形状と噴出する噴煙の様子が分かります。
図3: 新燃岳付近の噴火の様子(約8km×8kmのエリア)
図3: 新燃岳付近の噴火の様子(約8km×8kmのエリア) 左:噴火後(2011年1月31日)、中:噴火後(2011年1月28日)、右:噴火前(2009年12月29日) 黄色枠:図3~6の範囲 (クリックで拡大画像へ)
図4~図6は噴火後の2011年1月31日、噴火前の2009年12月29日に観測された画像から、降灰の影響があると思われる箇所を拡大したものです。図4は新燃岳山麓東部付近(火口から東に約10km)の農地、図5は都城市西部(都城市中心から西へ約5km)の市街地、そして図6は宮崎市北西部(宮崎市中心から北西へ約10km)です。噴火前と比較して灰色のエリアが多くなっていることから、降灰により植生が火山灰に覆われていると考えられます。
図4: 新燃岳山麓東部の農地の様子(約8km×8kmのエリア)
図4: 新燃岳山麓東部の農地の様子(約8km×8kmのエリア) 左:噴火後(2011年1月31日)、右:噴火前(2009年12月29日) (クリックで拡大画像へ)
図5: 都城市西部の様子(約4km×4kmのエリア)
図5: 都城市西部の様子(約4km×4kmのエリア) 左:噴火後(2011年1月31日)、右:噴火前(2009年12月29日)
図6: 宮崎市北西部の様子(約8km×8kmのエリア)
図6: 宮崎市北西部の様子(約8km×8kmのエリア) 左:噴火後(2011年1月31日)、右:噴火前(2009年12月29日) (クリックで拡大画像へ)

取得された画像は、内閣官房、気象庁、国土交通省国土技術政策総合研究所、土木研究所、宮崎県へ提供しました。

図7は、2011年1月26日午後1時26分頃に「いぶき」GOSAT*2が九州上空を通過したときに観測したものです。赤い三角が霧島連山の位置を示します。午後3時頃から新燃岳の噴火活動がさらに活発になっており、「いぶき」が観測したのは活発になる前の様子です。

図8は、1月29日午後1時26分頃に「いぶき」が九州上空を通過したときに観測したものです。筋状の雲の隙間から噴煙が南東に流れている様子が分かります。
図7: 2011年1月26日いぶき(GOSAT)観測画像
図7: 2011年1月26日いぶき(GOSAT)観測画像 取得日時:2011年1月26日午後1時26分頃(日本時間) センサ:TANSO-CAI
図8: 2011年1月29日いぶき(GOSAT)観測画像
図8: 2011年1月29日いぶき(GOSAT)観測画像 取得日時:2011年1月29日午後1時26分頃(日本時間) センサ:TANSO-CAI

JAXAでは今後も当該地域を継続して観測する予定です。

*1 高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー):

青域から近赤外域の電磁波を4つのバンドで観測することができる光学センサで、衛星直下を観測の際には幅70kmの範囲を地上10mで識別できる能力があります。また、衛星進行方向に対して東西44度まで観測範囲を変更することができるポインティング機能を有しています。なお、噴火後の2011年1月28日は西方向に14度、1月30日は西方向に38.5度、31日は東方向に27度、噴火前の2009年12月29日の画像は西方向に34.3度で取得しました。

*2 温室効果ガス観測技術衛星(いぶき(GOSAT): Greenhouse gases Observing SATellite):

主要な温室効果ガスである二酸化炭素とメタンの濃度を宇宙から観測することを主目的とした世界初の衛星です。2009年1月23 日に打ち上げが成功し、現在も順調に観測を続けています。GOSAT プロジェクトは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立環境研究所(NIES)、環境省(MOE)が共同で推進しています。

©JAXA EORC