防災・災害

「フォルモサット・ツー」(FORMOSAT-2)による平成23年(2011年)台風12号豪雨災害の観測結果(2)

2011年9月2日から4日にかけて大型で強い台風12号の通過に伴い、四国、近畿、中国、東海地方を中心に広範囲で記録的な大雨が続き、土砂崩れ、堤防の決壊や床上・床下浸水などが起こり、各地で被害がもたらされています。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、2011年9月5日に引き続き、9月6日10時57分頃(日本時間)に観測され、センチネルアジア*1を通じて台湾の国家実験研究院(NARL)の協力により提供された、FORMOSAT-2 (フォルモサット・ツー)*2衛星のデータ解析を実施しました。

図1は、今回観測した画像全体の様子を示したもので、フォルモサット・ツーのバンド1、2、3を合成したトゥルーカラー合成画像で表示しており、人の目で見た色に近くなっています。全域にわたり雲があまりない画像が取得されていました。
>図1: 観測した画像全体
図1: 今回観測した画像全体 (クリックで拡大画像へ) 観測日時: 2011年9月6日10時57分頃(日本時間) 黄色枠: 図2~4の範囲
図2は災害後の2011年9月6日に観測されたFORMOSAT-2(フォルモサット・ツー)と災害前の2009年2月15日に観測された陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー)*3です。フォルモサット・ツーおよびアブニール・ツーのトゥルーカラー画像で表示しており、植生(緑色)と土砂崩れ(茶色)が明瞭に区別できます。災害前後の画像を比較することにより、土砂崩れが生じている様子(黄色枠)を確認できました。
図2: 奈良県十津川村周辺の様子 (約8km×4kmのエリア) 左図:災害後(2011年9月6日)、右図:災害前(2009年2月15日) (クリックで拡大画像へ)
図2: 奈良県十津川村周辺の様子 (約8km×4kmのエリア)
図3は奈良県十津川村の風屋貯水池周辺を拡大した画像です。土砂崩れの跡(図中の黄枠)と思われる箇所が多数存在することが確認できました。
図3: 奈良県十津川村風屋貯水池周辺の様子 (約8km×8kmのエリア) 左図:災害後(2011年9月6日)、右図:災害前(2009年2月15日) (クリックで拡大画像へ)
図3: 奈良県十津川村風屋貯水池周辺の様子 (約8km×8kmのエリア)
図4は和歌山県新宮市の熊野川周辺を拡大した画像で、観測した範囲の熊野川が増水している様子と、土砂を含んだ河川の水が海に流れ込んでいる様子を確認できました。

図4: 和歌山県新宮市の熊野川周辺の様子 (約20km×20kmのエリア) 左図:災害後(2011年9月6日)、右図:災害前(2009年9月16日) (クリックで拡大画像へ)

取得された画像は、内閣府、国交省、国土交通省国土技術政策総合研究所、海上保安庁、奈良県、和歌山県、三重県等の防災関係機関に提供しています。

なお、JAXAでは今後も、国際災害チャータやセンチネルアジアの協力を得て、当該地域の観測、データ解析を継続する予定です。

*1 センチネルアジア:

センチネルアジアはアジア太平洋地域の災害管理に資するため地球観測衛星画像から得られる災害関連情報を共有する活動です。JAXAをはじめとするアジア太平洋地域の宇宙関係機関、アジア防災センター(ADRC)をはじめとする防災関係機関、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)をはじめとする国際機関、および大学、研究所などが協力して推進しています。得られた衛星画像、解析結果などはWebサイトに公開されています。また、WebサイトのGISにより各種の関連災害情報をGISで表示・解析することが可能です。

*2 FORMOSAT-2(フォルモサット・ツー):

FORMOSAT-2は台湾2機目の高解像度地球観測衛星です。国家宇宙計画局(NSPO、現:台湾国家宇宙センター)によって開発された初のリモートセンシング衛星で、カラー情報を持つ解像度8mの光学センサと、白黒ですが解像度2mの光学センサを搭載しています。

*3 高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー):

青域から近赤外域の電磁波を4つのバンドで観測することができる光学センサで、衛星直下を観測の際には幅70kmの範囲を地上10mで識別できる能力があります。2009年2月15日、2009年9月16日の画像は0度で取得したものです。