防災・災害

「コスモ・スカイメッド」(COSMO-SkyMed)衛星による小笠原諸島西之島付近の海底火山噴火活動観測結果について

概要

日本時間の2013年11月20日16時ごろ、東京から南に約1000km、小笠原諸島の父島から西に約130kmの位置にある西之島の近海において、直径200m程度の新島が出現し、噴火活動に伴う黒色の噴煙を上げている様子が海上保安庁の観測によって確認されました。これ以降、活発な噴火活動及び複数の火口からの溶岩流によって新島の面積は拡大しており、12月26日9時ごろには西之島と新島が一体化した事が確認されました。2014年1月現在も噴火活動は継続しています。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、イタリア宇宙機関(以下、ASI)との間で人工衛星による災害監視に係る研究開発協力を実施しており、この枠組みの下でASIの協力により提供された、「コスモ・スカイメッド」(COSMO-SkyMed)*1衛星画像を用いた西之島付近観測結果のデータ解析を実施しました。

図1:小笠原諸島(父島・母島)及び西之島の位置図
図1: 小笠原諸島(父島・母島)及び西之島の位置図
  • 2013年12月11日観測
    2013年12月11日観測
  • 2013年12月19日観測
    2013年12月19日観測
  • 2013年12月23日観測
    2013年12月23日観測
  • 2013年12月27日観測
    2013年12月27日観測
  • 2013年12月31日観測
    2013年12月31日観測
  • JAXA

図2: COSMO-SkyMedによる西之島付近の時系列画像 (クリックで拡大画像へ)
各画像右上の長矢印は衛星進行方向を、短矢印はビーム照射方向を表す

図2は、COSMO-SkyMedにより観測された画像を時系列で並べて表示しています。12月11日から31日までの間で新島の面積が拡大し、西之島と一体化していく様子が分かります。

なお、JAXAでは今後もASIの協力を得て当該地域の観測、データ解析を継続する予定です。

(*1) COSMO-SkyMed(コスモ・スカイメッド):
COSMO-SkyMedは、ASI(イタリア宇宙機関)及びイタリア防衛省、e-geos社が共同で開発・運用している地球観測衛星で、Xバンド合成開口レーダを搭載しています。このレーダは、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載のLバンド合成開口レーダPALSARと原理は同様ですが、PALSARとは異なる波長のマイクロ波を用いて観測を行っています。

©JAXA EORC