防災・災害

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)光学センサによる駿河湾を震源とする地震にともなう緊急観測(1)

2009年8月11日午前5時7分(日本時間、以下同じ)頃、静岡県御前崎の北東約35km地点(深さ23km、M 6.5(暫定値))を震源とする地震が発生しました。宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)では2009年8月11日午前11時1分頃に陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー)によって現地の緊急観測を実施しました。

図1は2009年8月11日に静岡県を観測したアブニール・ツーの全体画像です。白く見えるのは雲です。雲の間から見える地表面の状況を確認してみましたが、報道などで伝えられている土砂崩れなどを含め、被災地域の判別はできませんでした。
図1: 2009年8月11日に取得したアブニール・ツー画像
図1: 2009年8月11日に取得したアブニール・ツー画像 (クリックで拡大画像へ) 取得日時:2009年8月11日 午前11時1分頃(日本時間) ポインティング角度: 33.6° 緑枠: 図2拡大画像の範囲
図2: 雲の間から見える御殿場付近
図2: 雲の間から見える御殿場付近 (クリックで拡大画像へ)

* プリズムとアブニール・ツーから作成されたパンシャープン画像とは、2.5mのものが識別できる能力(地上分解能)を持つプリズムと、10mの地上分解能を有するアブニール・ツーを用いて、擬似的に2.5m地上分解能のカラー画像にしたものです。

** アブニール・ツー画像(もしくはパンシャープン画像)を背景とし、国土地理院発行の地図情報を重ねた防災マップです。山間部や都市部などの地形情報が分かりやすく、被災した場所の位置や規模などの状況把握手段として、JAXAが防災関係機関などに提供しています。

取得した画像は、内閣府、国土交通省 国土技術政策総合研究所へ提供しました。

なお、JAXAでは今後も当該地域を継続して観測する予定です。

©JAXA EORC