画像ライブラリー

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)で観測した平成18年7月豪雨(鹿児島県)

左側が発災後(観測日:2006年7月25日)、右側が発災前(観測日:2006年5月4日)のカラーセンサ(AVNIR-2)画像です。発災前と発災後の画像を比較した結果、河川およびその周辺部に一部違いが認められました。なお、冠水の状況は認められませんでした。

概略図

概略図

A.薩摩川内市内久住(クリックで拡大画像へ)
A.薩摩川内市内久住
A.薩摩川内市内久住
B.さつま町虎居(クリックで拡大画像へ)
B.さつま町虎居
B.さつま町虎居
C.湧水町栗野(クリックで拡大画像へ)
C.湧水町栗野
C.湧水町栗野
対象地域は国土交通省WebSiteを参考に選定しました。
画像の白い部分は雲、広範囲に暗い部分は雲の影です。
©JAXA