防災・災害

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による『平成21年7月中国・九州北部豪雨』にともなう緊急観測

2009年7月26日に九州北部・山口県で活発な梅雨前線の影響により局地的な豪雨が降り、各地で大雨にともなう災害が発生しました。宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)では7月27日午前10時43分頃に陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載の高性能可視近赤外放射計2型(アブニール・ツー)によって現地の緊急観測を実施しました。

図1は7月27日に取得した山口県・九州北部を観測したアブニール・ツーの全体画像です。白く見えるのは雲なので、対象地域のほとんどが雲に覆われていることが分かります。しかし、緑枠で示した付近で雲の間から地表面を観測することができました。
図1: 2009年7月27日に観測したアブニール・ツー画像
図1: 2009年7月27日に観測したアブニール・ツー画像 (クリックで拡大画像へ) 取得日時:2009年7月27日 午前10時43分頃(日本時間) センサ: AVNIR-2(アブニール・ツー) ポインティング角度: -40.0° 緑枠: 図2拡大画像の範囲

図2は宇部市小野地区付近を拡大したものです。7月27日と災害前の2009年3月31日に観測されたそれぞれのアブニール・ツー画像から同じ場所を拡大したものです。バンド3, 2, 1を合成し、人の目で見た色に近い色(トルーカラー合成画像といいます)で表示しています。

7月27日の画像上に赤色で示した辺りは今回の豪雨にともない土砂崩れが起こっていると思われる場所を示しています。また、中央に見える湖は小野湖で、災害前と比べ茶色く濁り、水位も増していることが分かります。
図2: 宇部市小野地区付近の拡大図(それぞれ約2.5km四方)
図2: 宇部市小野地区付近の拡大図(それぞれ約2.5km四方) 左:災害後(2009年7月27日観測)、赤色は土砂崩れが発生していると推定される箇所、 右:災害前(2009年3月31日観測) (クリックで拡大画像へ)

なお、JAXAでは今後も当該地域を継続して観測する予定です。

©JAXA EORC