防災・災害

AVNIR-2が捉えた台風18号

現在、太平洋を北上中の台風18号は非常に大型で強い勢力をたもっており、天気予報によると日本へ上陸の恐れもあるということです。この台風18号の「目」をAVNIR-2が偶然捉えました。

図1は2009年10月5日10時37分頃(日本時間)、太平洋を北上する台風18号の目を捉えたAVNIR-2画像です。画像の大部分の白く見えるところは雲、黄色丸が台風の目の位置を示しています。図2は図1の位置を表したものですが、この時、日本の南およそ1400km、フィリピンの東およそ1200kmに位置しています。このAVNIR-2画像から台風18号の目の大きさは直径およそ50kmと考えられます。台風の進路となる地域では、今後警戒が必要です。
図1: AVNIR-2が捉えた台風18号の「目」(2009年10月5日観測)
図1: AVNIR-2が捉えた台風18号の「目」(2009年10月5日観測) 白い部分は雲、黄色丸で示したところが台風の目。 (クリックで拡大画像へ)
図2: 図1の位置を示す(オレンジ色の四角)
図2: 図1の位置を示す(オレンジ色の四角)
©JAXA EORC