ALOS-2

概要

ALOS-2(だいち2号)は、ALOS(だいち) の後継機です。地図作成・地域観測・災害状況把握・資源探査の幅広い分野で利用され、私たちの暮らしにさまざまな形で貢献してきた「だいち」のミッションを発展的に引き継ぎます。

JAXAは、ALOSで培った広域観測と高分解能観測を両立させた技術を発展させ、より社会のニーズに沿った衛星にすべくALOS-2の研究開発を進めてきました。社会のニーズの例としては、①防災機関における広域かつ詳細な被災地の情報把握、②国土情報の継続的な蓄積・更新、③農作地の面積把握の効率化、④CO2吸収源となる森林の観測を通じた地球温暖化対策など、多岐のものが挙げられます。

ALOS-2に搭載されるのは、ALOS搭載のLバンド合成開口レーダ(PALSAR)を高性能化させたPALSAR-2で、光学センサとは異なり、昼夜・天候の影響を受けずに観測できることが特長です。 ALOS-2は、2014年5月24日にH-ⅡAロケット24号機により打ち上げられました。

PRISM図
ALOS-2主要諸元
運用軌道 種類 太陽同期準回帰軌道
高度 約628km(赤道上)
軌道傾斜角 97.9°
降交点通過地方時 12:00±15分
回帰日数 14日
寸  法 3.5m×3.2m×4.5m(打上時)
16.5m×3.7m×9.9m(軌道上)
質  量 約2100kg(打上時)
設計寿命 5年(目標7年)
電力 発生電力 約5300W(EOL)
バッテリ リチウムイオンバッテリ: 200Ah
観測デューティ 50%(約49分)
ミッションデータ伝送 直接伝送(最大800Mbps)および
データ中継衛星経由(278Mbps)
データ蓄積容量 約128GByte(EOL)
ミッション機器 Lバンド合成開口レーダPALSAR-2
打上げ 日時 平成26年(2014年)5月24日
ロケット H-ⅡAロケット24号機