ALOSシリーズを知る

ALOS-3の概要

先進光学衛星(ALOS-3)とは

先進光学衛星は、JAXAが2006年に打上げた「だいち」(ALOS)(2011年に運用終了)の光学観測ミッションを引き継ぐ地球観測衛星です。「だいち」の広い観測幅は維持しつつ(直下70km)、分解能を3倍以上(直下2.5m → 0.8m)向上させている点が特徴です。センサ性能の実現にあたり、これまでに日本が培ってきた大型光学系や高性能検出器の製造技術が最大限活用されています。

先進光学衛星は国内外の全球の陸域を継続的に観測します。観測した画像は、災害時や防災活動に役立てられる他、地図情報の整備・更新、沿岸域や植生域の環境保全への利用など、様々な分野での活用が期待されています。


先進光学衛星「だいち3号」のミッション

先進光学衛星は国内外の全球の陸域を継続的に観測します。観測した画像は、災害時や防災活動に役立てられる他、地図情報の整備・更新、沿岸域や植生域の環境保全への利用など、様々な分野での活用が期待されています。以下でご紹介しているのは、特に先進光学衛星で活用が期待される分野です。

拡大画像

シミュレーション画像はこちら