このホームページは、NASA地球観測衛星TERRA/AQUA搭載センサMODISによって観測されたデータを、 東海大学情報技術センター(TRIC)および宇宙航空研究開発機構 (JAXA 地球観測センター (EOC) が 受信・輝度/幾何変換処理(Level 1B)処理し、そのデータをJAXA/地球観測研究センター(EORC)が 準リアルタイム処理して公開しているものです。

気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)搭載光学センサ「多波長光学放射計」(SGLI)の日本周辺域の準リアル観測データを、2018年12月末頃より 公開を予定しております。サンプルデータを以下の場所で公開しております。
>>SGLI準リアル サンプルデータ

また、JAXA地球観測センター(EOC)におけるMODISデータの受信を、2019年(平成31年)3月31日をもって終了いたします。それに伴い、EOC局受信のMODISデータから作成・提供しておりますMODIS準リアルデータおよびJASMES(日本域)データの提供もあわせて終了いたしますので、ご留意頂くととも、SGLIの準リアルタイムデータへ切り替えてのご利用をご検討お願いいたします。

公開画像は、 1km分解能のクロロフィルa濃度画像 海面水温画像 海面放射輝度画像 簡易大気補正済み輝度画像 エアロゾルの光学的厚さ と、 500m分解能のクロロフィルa濃度画像 250m 及び 500m分解能 の幾何補正済み画像です。

バイナリデータは1km分解能のクロロフィルa濃度と海面水温のものを公開しています。

公開期間は以下の通りです。
TRIC受信2001年4月4日以降
EOC受信2004年6月28日以降

また、光合成有効放射量(PAR)及び積雪分布を以下のページで公開しております。
>>JASMES :
JAXA Satellite Monitoring
for Environmental Study



なお、バイナリデータのご利用には、E-Mailでの利用者登録が必要となります。詳細は こちら をご覧ください。




・年月を指定することで、公開画像を一覧表示することが出来ます。 また、表示されたサムネイル画像をクリックすることで、その拡大画像を閲覧することが出来ます。

[Monthly Searchの使用方法]
  • 年と月を選択します(受信局毎の公開期間に注意)。
  • 受信局(TRICまたはEOC)を選択します。
  • 次に、画像の種類を選択します(1km:日中プロダクト画像、Night SST:夜間海面水温画像、500m[RGB]:500mRGB画像、250m:250m画像)。
  • 最後に[View list]ボタンを押すと画像一覧が表示されます。


・現在の最新画像をランダムで表示しています。
(EOC受信処理データ・低解像度)

1km
500m
nLw_l [1km]
2018/12/15
01:58

Ariak [500m]
2018/12/15
01:58

250m
Night SST
Isemi [250m]
2018/12/15
01:58

sst_l [Night SST]
2018/12/14
18:12

宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター
Copyright ©2006 Japan Aerospace Exploration Agency, Earth Observation Research Center
All rights reserved.