English
TOP > EarthCAREとは > 国内外の協力体制

ミッションの実施体制と関連機関


ミッションの実施体制


表1はJAXAと欧州宇宙機関(ESA)のEarthCAREプロジェクトにおける役割分担を示したものです。

表1 EarthCAREプロジェクトの役割分担
 ESAJAXA備考
EarthCARE衛星衛星バス
ミッション機器CPR※1
その他ATLID,MSI,BBR
打ち上げ
追跡管制
データ処理各々の担当センサのレベル1処理
および高次処理プロダクト
※1:CPRはJAXA/NICTの共同開発であり、JAXAが取り纏める。

CPRはJAXA/NICTが共同で、他のセンサー(ATLID, MSI, BBR)は欧州宇宙機関が開発を担当しています。衛星バスや打ち上げ、そして追跡完成は欧州宇宙機関の下で行われます。各センサーから送信されたデータの処理は、それぞれセンサーの担当側が処理をすることになっており、JAXA/NICTはCPRのデータについて処理を行うことになります。処理されたデータ(レベル1データ)は、JAXAおよび欧州宇宙機関の両方に蓄積され、その後のデータ高次処理を待つことになります。


日本国内の実施体制


EarthCARE/CPRプロジェクトマネージャーが各業務を統括します。プロジェクトの品質保証・安全管理も実施します。


日本国内のアルゴリズム開発体制

現在、東京大学・九州大学・東海大学・国立環境研究所・JAMSTECなどと共同で衛星データの解析アルゴリズムの開発を進めています。


検証チームの位置づけ

検証チームは解析されたデータを様々な検証方法を使い評価します。その評価は第三者的で、再度アルゴリズム開発チームの作業に反映され、より正確なプロダクトを作るための情報を与えてくれます。


関連機関との連携



これらのデータ利用を想定される研究機関は、EarthCARE/CPRプロジェクトに対するユーザーとしての要望を取り纏め、EarthCAREがより良く社会に役立つものになるように協力しています。