English
TOP > EarthCAREとは > 衛星データ・シミュレーター

衛星データ・シミュレーター(Joint-Simulator)


地球温暖化に代表される気候変動予測に利用される数値気候モデルにおいて、雲・降水過程の扱いには不確定要素が多いことが気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次評価報告書(AR4)において指摘されています。 そのため、衛星リモートセンシング観測による気候モデルの雲・降水過程の検証がますます重要になっています。

近年、衛星観測によって推定された物理量による気候モデルの検証だけでなく、衛星データ・シミュレータを用いた検証方法が利用されるようになっています。 衛星シミュレータは、数値モデルの仮想的な大気データから、衛星センサの疑似観測データを出力し、疑似観測データと実際の観測データを比較・検証することで、数値モデルの問題点をより明確にすることができます。 IPCC AR5に向けたCoupled Model Intercomparison Project Phase 5(CMIP5)においても衛星データ・シミュレータによる気候モデルの検証が重要な検証方法として提言されています。

Joint-Simulator(Joint Simulator for Satellite Sensors)は、共同で開発する衛星データ・シミュレータです。 Joint-SimulatorはSatellite Data Simulator Unit (SDSU) (Masunaga et al. 2010, BAMS)をもとに、JAXA/EarthCAREミッションで開発が進められています。 Joint-Simulatorは、特に、雲解像数値気象モデルや、全球雲解像モデルのデータを入力として計算を行います。 検証により得られた知見は、現行気候モデルの改良や次世代気候モデルの開発に役立ちます。 また、日々の天気や降水を予報する気象モデルの改良にも役立ちます。

Joint-Simulatorの詳細については、Joint-Simulator@wikiをご参照ください。 また利用をご希望の際には、ユーザ登録ページからお申し込みください。

図:Joint-Simulatorによる衛星データのシミュレーション例
(Second Asia/Oceania Meteorological Satellite Users' Conferenceでの
東京大学 大気海洋研究所 教授による発表資料より引用)