ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

台風・降雨状況

PR初画像


上下の全球画像について、図中の説明を補足します。
上の画像は、19GHzの垂直、85GHzの水平、垂直偏波の情報をカラー合成したものです。海上の白黄色の部分は雲の中の氷晶等の存在による低温域で、降水の強い領域に対応しています。また、海上の白色部分は大気が乾燥していることを示し、暗い色ほど水蒸気や雲が多いことを表しています。
ヒマラヤや北米大陸などの特に明るい部分は地表の温度が低いか、もしくは積雪のあるところを示しています。
下の画像は雷観測装置(LIS)による観測です。LISで雷放電の確認できる位置と,TMI観測で温度が低く氷晶等の存在が期待できる位置とが一致していることが確認できます。日本、ニューヨーク州沖、地中海東部の冬季における雷の多発地帯での雷が明瞭に観測されています。
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP