ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地形

土地利用状況の調査

観測場所:大阪府大阪市周辺
観測日:1994年(平成6年)5月
衛星名/センサ名:MOS-1b/MESSR

1994年(平成6年)5月に海洋観測衛星「もも1号-1b」(MOS-1b)が可視近赤外放射計(MESSR)で観測した大阪市周辺の画像で、大阪湾に建設された関西国際空港がはっきりと見えています。
草や樹木がはえているところは緑色、市街地や住宅地は灰色で表しています。
EOCでは1993年(平成5年)8月から1994年(平成6年)4月にかけて、写真の作成処理設備を新しく開発し導入しました。この設備は、処理スピードの大幅な向上、ユーザーからの要望が多かった拡大機能・スーパーインポーズ機能、色調・明暗の自由な設定が可能といった特徴を備えてます。この大阪市周辺の写真のように、従来より色鮮やかな写真を提供でき、写真上の任意の場所に文字・矢印記号などを入れることもできるようになりました。
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP