ページの先頭です。
本文へジャンプする。
【重要なお知らせ】このページは過去に公開された情報のアーカイブページです。更新を終了しているため、リンク切れや古い情報が含まれている可能性があります。 最新情報については、新サイト Earth-graphy (earth.jaxa.jp) をご利用ください。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

洪水

2015年7月下旬からミャンマーで発生している洪水についてJAXAではだいち2号(ALOS-2)による観測を実施しています。JAXAはセンチネル・アジアおよび国際災害チャーターを通じた現地機関からの要請に基づき、7月22日から継続的にだいち2号搭載の合成開口レーダーPALSAR-2による観測を行いデータを現地の防災機関に提供しました。

画像:偏波カラー合成画像

画像:浸水域の推定図

偏波カラー合成画像(左)および浸水域の推定図(右)
浸水によってできた水面(水色)と、森林部や都市部の浸水(赤色)を示す
©JAXA 2015/07/28 ALOS-2

関連情報

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:衛星から見た地球のデータ集
画像:ページTOP