JAXA
HOME EORCについて 衛星画像&データ 地球観測とは? よくある質問 リンク集 サイトマップ お問い合せ
地球観測研究センター EORC English
HOME > 衛星画像&データ > 衛星画像ギャラリー > 宇宙から見た世界の河川 > 2000年6月掲載
衛星画像ギャラリー

2000年6月掲載



  消えゆく河川

 
人工衛星による地球の観測は、1972年のLANDSATの打上げから始まり、光学センサによって地表面の鮮明な画像が入手できるようになりました。左は1973年のLANDSATのMSS、右は1993年のJERS-1のOPS、それぞれの光学センサによって得られた中国西部のタクラマカン砂漠北部のタリム川流域の画像です。両画像を見比べると、20年の間に砂漠化の進行にともなう河川流量の減少(画像中A、E)、水面の消滅(同B、C、D)などの様子を知ることができます。

前のページに戻る   このページのトップへ
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約  ヘルプ
English