JAXAトップページへ
 サイトマップ

佐賀城(グレー)

広域 (119KB)
佐賀城(カラー)

広域 (170KB)

LANDSAT-7/ETM+
2001/10/20 10:42頃

 佐賀城は、龍造寺氏の居城として築城された村中城を基礎に、鍋島直茂の居城として改修されたものです。慶長16年(1611年)に完成したといわれています。
 川の水を引き込むことで本丸の一部を除いて水没する仕組みになっていたことから、別名「沈み城」とも呼ばれていました。
 長い歴史の中で2度の大火にみまわれ、天守、本丸、二の丸をはじめとする大半の建物は焼失しました。


 左の画像は、城跡の多くの部分は市街地として活用されているため、やや見分けにくいようですが、城跡を囲む堀が鮮明に写っていますので、城の規模などがわかります。カラー画像では、灰色の部分が市街地、緑色の部分が植生を表しています。


モノクロ画像は解像度「15m」、カラー合成画像は解像度「30m」です。解像度についての詳細はこちらのページをご覧下さい。


EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー