JAXAトップページへ
 サイトマップ

 アジアでは初の開催となる、韓国・日本共同開催による FIFAワールドカップTM の開催が目前に迫っています。
 試合が行われるスタジアムやその周辺地域では、世界中を熱狂させるスタープレイヤー達、そして彼等を応援する為に駆けつけるサポーター達を受け入れる為の準備が着々と進んでいます。
 全世界で2億人とも言われるサッカーファンを魅了する戦いの舞台は、遙か上空を飛行する地球観測衛星からどの様に見えるのでしょうか。今回は、日本での試合会場となる10ヶ所のスタジアムを地球観測衛星が捉えた画像でご紹介します。


宮城スタジアム 新潟スタジアム(ビッグスワン) 茨城県立カシマサッカースタジアム 埼玉スタジアム2002 横浜国際総合競技場
日本地図 九州地方 近畿中部地方 関東甲信越地方 北海道地方 北海道地方 関東甲信越地方 近畿中部地方 北海道地方
北海道地方 関東甲信越地方 近畿中部地方 九州地方
地域画像
広域(232KB)
LANDSAT-5/TM
 仙台市の中心部から10km程のところに位置し、約49,000人を収容可能なスタジアムです。2000年3月に完成しました。
 バリアフリーを強く意識し障害を持つ方も観戦しやすい設計がなされています。屋内プールや体育館等を含む総合スポーツ施設の核となる施設で、銀河系の宇宙になぞらえたとされる螺旋状の空間の中心になる独特の形状が特徴的です。
スタジアム画像
広域(128KB)
SPOT-1/HP
2001.05.15 10:42 頃
 左の画像は SPOT-1 が捉えた宮城スタジアムです。

 戦国の世に名を馳せた武将 伊達政宗公の兜をイメージしたという三日月形の屋根は、人工衛星からでもはっきりと確認できる程ユニークな形状になっています。

EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー