JAXAトップページへ
 サイトマップ

大分・九重山系の噴火


九重山の噴火
拡大(234KB)

観測場所
観測場所:熊本県、大分県
観測日:1995年10月12日
衛星名/センサ名: SPOT-2/HRV(XS)

 この衛星写真は、九重山系の硫黄山が約257年ぶりに噴火し、その噴煙が南西の阿蘇方面に流れていく様子を鮮明に捉えたもので、1995年(平成7年)10月12日(木)にフランスの地球観測衛星スポット2号(SPOT-2)が撮影したものです。赤色は草や樹木がはえているところを表します。
 世界一のカルデラ式火山で知られる熊本県、阿蘇山の北東に位置する九重山は、四季折々の自然が楽しめ毎年大勢の登山者を迎えているとともに、ふもとに多くの温泉地があり、熊本県や大分県はもとより、多くの県外者に静かな憩いの場として親しまれています。 噴火した当初は、周辺は一足早い雪景色ならぬ、噴火の灰で真っ白に覆われました。


EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー