JAXAトップページへ
 サイトマップ
1998年の流氷・結氷
MAP
abashiri_map.gif
北海道:網走、紋別
画像1 画像2
spot_driftice1_m.jpg
click here
spot_driftice2_m.jpg
click here
800×781pixcel 190KB 800×745pixcel 173KB


MAP
ryaoton_map.gif
中国:遼東半島、遼東湾
画像3
land_driftice2_m.jpg
click here
800×775pixcel 107KB
1)画像1:紋別・サロマ湖
 この画像はフランスの地球観測衛星スポット2号(SPOT-2)に搭載されている光学センサ(HRV)により観測した流氷です。結氷しているサロマ湖付近には2月7日に初接岸しました。画像はその当日の朝に観測したものです。

2)画像2:網走湾、能取湖
 この画像も地球観測衛星スポット2号による観測画像です。観測日は1998年2月7日です。網走付近には1月27日に初接岸しました。2週間程経過しているため流氷がかなり厚く押し寄せているのが分かります。

3)画像3:遼東湾の結氷
 この画像はアメリカの地球観測衛星ランドサット5号(LANDSAT-5)に搭載されている光学センサ(TM)がとらえた遼東湾の結氷の様子です。渤海湾の奥、遼東半島で仕切られた浅瀬に遼河の河川水が流れ込むため、毎年流氷の季節には結氷します。


流氷の変化

MAP
land_map.gif
北海道:網走、知床半島
画像4 画像5
land_980309_m.gif
click here
land_980325_m.gif
click here
493×497pixcel 153KB 492×498pixcel 57KB

 これらの画像もLANDSAT-5号に搭載されている光学センサー(TM)で観測されたものです。画像4が1998年3月9日、画像5が3月25日に観測されたものですが、時間が経つにつれ流氷が岸から離れていく様子が分かります。
 尚、ここで紹介する画像は地上の状況の違いをわかりやすくするため、森林や草地は赤系統の色で表現しています。

EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー