JAXAトップページへ
 サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left.gif地球観測衛星の種類
spacer.gifsub_directry_end.gifALOS
left_on.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry.gifALOS-PRISM
spacer.gifsub_directry.gifALOS-AVNIR2
spacer.gifsub_directry_end.gifALOS-PALSAR
left.gif初画像

corner.gif
prism_title.gif

PRISM Image
PRISM Scanning Image
PRISM スキャニング想像図

《 概要 》

 PRISMは、主に可視域を観測波長帯とする光学センサで、地表を2.5mの分解能で観測することができます。 また、標高データを含む地形データを取得するために3組の光学系を持ち、衛星の進行方向に対して前方、直下、後方の3方向の画像を同時に取得することにより、高精度の地形デ ータを高頻度に取得することが可能となります。


陸域観測技術衛星「だいち」搭載パンクロマチック立体視センサ(PRISM)の取得画像について(2006/2/15)

《 PRISM主要諸元 》
観測波長帯 0.52 - 0.77μm
光学系の数 3式
(直下視;Nadir/前方視;Forward/後方視;Backward)
ステレオ視B/H比 1.0
(前方視;Forward/後方視;Backward間)
信号対雑音比 >70
空間周波数伝達特性 >0.2
地上分解能 2.5m
観測幅 35km(3方向視モード,Triplet mode)
70km(直下視のみ;Nadir Only,Wide swath mode)
ポインティング角 約±1.5度(3方向視モード,Triplet mode)




EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー