JAXAトップページへ
 サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left.gif地球観測衛星の種類
spacer.gifsub_directry_end.gifALOS
left_on.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry.gifALOS-PRISM
spacer.gifsub_directry.gifALOS-AVNIR2
spacer.gifsub_directry_end.gifALOS-PALSAR
left.gif初画像

corner.gif
avnir2_title.gif

AVNIR-2 Image
AVNIR-2 Scanning Image
AVNIR2 スキャニング想像図

《 概要 》

 AVNIR-2は地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」(ADEOS)に搭載された高性能可視近赤外放射計(AVNIR)の分解能をさらに向上させたもので、可視、近赤外域の観測波長を用いて、主に陸域、沿岸域を観測することにより、地域環境監視等に必要な土地被覆分類図、土地利用分類図などの作成を行います。
 AVNIR-2はまた、災害状況の把握のために衛星進行直交方向に観測領域を変更するポインティング機能を持っています。


陸域観測技術衛星「だいち」搭載高性能可視近赤外放射計2型(AVNIR-2)の取得画像について(2006/2/17)

《 AVNIR-2主要諸元 》

観測波長帯 Band1 : 0.42 - 0.50μm
Band2 : 0.52 - 0.60μm
Band3 : 0.61 - 0.69μm
Band4 : 0.76 - 0.89μm
信号対雑音比 >200
空間周波数伝達特性 >0.2
地上分解能 10m(直下;at Nadir)
観測幅 70km(直下;at Nadir)
ポインティング角 約±44度




EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー