JAXAトップページへ  サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left_on.gif地球観測衛星の種類
spacer.gifsub_directry_end.gifADEOS
left.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry.gifADEOS AVNIR
spacer.gifsub_directry.gifADEOS OCTS
spacer.gifsub_directry.gifADEOS NSCAT
spacer.gifsub_directry.gifADEOS TOMS
spacer.gifsub_directry.gifADEOS POLDER
spacer.gifsub_directry.gifADEOS IMG
spacer.gifsub_directry.gifADEOS ILAS
spacer.gifsub_directry_end.gifADEOS RIS
left.gif初画像

EORC ADEOSページ
corner.gif
adeos_title.gif
ADEOS

《 概要 》

地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」(ADEOS)は、地球温暖化、オゾン層の破壊、熱帯雨林の減少、異常気象の発生等の環境変化に対応した全地球規模の観測データを取得し、国際協力による地球監視に役立てるとともに、次世代地球観測システムに必要なプラットフォーム・バス技術、軌道間データ中継技術等の開発を行うことを目的とした衛星です。

同衛星は、陸域、海域及び大気を総合的かつ継続的に観測するために、宇宙航空研究開発機構(旧宇宙開発事業団)が開発を担当する高性能可視近赤外放射計(AVNIR)および海色海温走査放射計(OCTS)およびNASA散乱計(NSCAT)およびオゾン全量分光計(TOMS)、フランス国立宇宙開発センター(CNES)の地表反射光観測装置(POLDER)、通産省の温室効果気体センサ(IMG)、環境庁の改良型大気周縁赤外分光計(ILAS)および地上・衛星間レーザ長光路吸収測定用リトロリフレクタ(RIS)の6種類の公募センサを搭載しています。

ADEOSは、重量約3,560kg、発生電力4,500W以上の大型衛星ですが、熱的、電気的、かつ機械的に独立した通信データ処理系、電源系および姿勢軌道制御系等のユニットから構成され、組立および試験を容易としています。また、多数の観測機器を運用するための自動化・自律化機能、観測データをデータ中継衛星経由で地上に伝送するための軌道間データ通信機能など優れた特徴を有しています。

衛星は1996年(平成8年)8月17日午前10時53分(日本標準時)にH-II4号ロケットにより種子島宇宙センターから高度約830kmの太陽同期準回帰軌道に打ち上げられました。

dev_org.gif




《 観測機器 》

《 AOセンサ関連機関 》

NSCAT The Physical Oceanography Distributed Active Archive Center(PO.DAAC)
TOMS The TOMS HOME PAGE
POLDER The French Space Agency(CNES)
ILAS ILAS HOME PAGE(国立環境研究所)
IMG 資源探査用観測システム研究開発機構
RIS RIS HOME PAGE(国立環境研究所)



EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー