JAXAトップページへ
 サイトマップ
title1.gif title2.gif
spacer.gifbar.gif
earth.gif

left.gifsatellite_button.gif
spacer.gifsub_directry_end.gifADEOS
left.gif地球観測衛星の搭載センサー
spacer.gifsub_directry_end.gifADEOS-OCTS
left_on.gif初画像
spacer.gifsub_directry.gifir.gif
spacer.gifsub_directry_end.gifvnir_on.gif
corner.gif
octs_first_title.gif


《 OCTS-VNIR(可視近赤外バンド)初画像 》

octs_vnir_first.gif octs_dtl_first.gif
(左:画像1 右:画像2)

1996年(平成8年)9月3日受信 日本

平成8年9月4日
宇宙開発事業団
ADEOS追跡管制隊

1996年(平成8年)9月3日、宇宙開発事業団(NASDA)地球観測センター(EOC)(埼玉県比企郡鳩山町)において、地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」(ADEOS)に搭載された海色海温走査放射計(OCTS)の可視近赤外バンド(VNIR)による初画像の取得が行われました。
 発表の画像1、2は、日本時間の午前10時44分頃にADEOSが東日本太平洋岸の上空約800Kmを通過した際に取得したものです。
 発表画像1は、OCTSの可視・近赤外の観測バンドで日本列島とその周辺海域を観測したもので、画像の表示範囲は1,400Km×2,500Kmで、地上分解能は約700mです。

 発表画像2は、植物プランクトン色素の濃度分布を示す粗画像データで、画像の表示範囲は1,500Km×1,200Kmで、地上分解能は約6kmです。
 今回の画像取得はOCTSの機能確認試験の一環として実施されたものです。今後OCTSについては、赤外バンドによる海面温度分布観測並びに、機器の校正作業等、地上系を含めた総合的な確認試験を予定しています。

問い合わせ先:
宇宙開発事業団
総務部 広報室
Tel:03-5470-4127 〜 9
地球観測センター
Tel:0492-98-1203


EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー