ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。
  • HOME
  • ALOS処理プロダクト説明

ALOS処理プロダクト説明

1.PRISM

PRISM は、観測データにラジオメトリック補正及び幾何補正を施し、レベル1A、レベル1B1、レベル1B2 のプロダクトを作成して提供します。

【PRISM プロダクトの処理レベルの定義】
レベル定義
1A 観測データから切り出され、伸張・ライン生成されたPRISM 生データ。レベル1B 以降の処理に必要なラジオメトリック情報、幾何学的情報が付加される。
1B1レベル1A データにラジオメトリック補正を施し、絶対校正係数を付加する。レベル1B2以降の処理に必要な幾何学的情報等が付加される。
1B2レベル1B1 データに幾何学的補正を施す。以下の補正オプションが使用可能。
R:Geo-reference データ。
G:地図への重ね合わせを行う。Geo-coded データ。

2.AVNIR-2

AVNIR-2 は、観測データにラジオメトリック補正及び幾何補正を施し、レベル1A、レベル1B1、レベル1B2 のプロダクトを作成して提供します。

【AVNIR-2 プロダクトの処理レベルの定義】
レベル定義
1A観測データから切り出され、伸張・ライン生成されたAVNIR-2 生データ。レベル1B以降の処理に必要なラジオメトリック情報、幾何学的情報が付加される。
1B1レベル1A データにラジオメトリック補正を施し、絶対校正係数を付加する。レベル1B2 以降の処理に必要な幾何学的情報等が付加される。
1B2レベル1B1 データに幾何学的補正を施す。以下の補正オプションが使用可能。
R:Geo-reference データ。
G:地図への重ね合わせを行う。Geo-coded データ。
D:DEM が整備されているシーンについては概略DEM 補正を行い、ポインティング時の地形の影響を補正する。なお、DEM 補正が有効なのは日本域のみである。また、ポインティング角が大きい場合、DEM 補正エラーが発生する可能性があり、エラーの部分は保管を行うため、精度は保証されない。

3.PALSAR

PALSAR は、観測データにレンジ圧縮及びアジマス圧縮を施し、レベル1.0、レベル1.1、レベル1.5 のプロダクトを作成して提供します。

【PALSAR プロダクトの処理レベルの定義】
レベル定義備考
1.0スラントレンジをそのまま記録した、画像化されていないデータ。このプロダクトを利用するには処理ソフトウェアが必要となる。JERS-1:レベル0 データ相当
RADARSAT:シグナルデータ相当
1.1レベル1.0 データにレンジ圧縮及びシングルルックアジマス圧縮を行った、緯経度情報を含むスラントレンジ画像。位相・振幅情報を含んでいる。JERS-1:レベル1.1 データ相当
RADARSAT:シングルルックコンプレックス相当
1.5レンジ圧縮及びマルチルックアジマス処理を行った振幅データをグランドレンジに投影し、更に選択された地図投影を行ったデータ。ピクセルスペーシングは観測モードにより選択が可能である。以下の補正オプションが使用可能。
R:Geo-reference による地図投影を行う。
G:Geo-coded による地図投影(画像上部を真北)を行う。
JERS-1:レベル2.1 データ相当

上記内容の他、各センサの仕様、プロダクトの仕様、ALOSデータの利用事例及びALOSデータの利用方法など、ALOSのデータ利用時に必要とされる情報をまとめた冊子がございます。「ALOSユーザハンドブック」はこちらからダウンロードをしてご利用下さい。

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP