JAXAトップページへ
 サイトマップ

イスタンブール


evg_istanbul.gif istanbul_map.gif

 画像のちょうど中央部がイスタンブール市の中心部です。同市の南の海はマルマラ海という小さな海で地中海へ通じています。北部からマルマラ海へ通じる水路が黒海から唯一の出口であるボスポラス海峡です。市北部の細い水路が金角湾です。ボスポラス海峡及びマルマラ海に点在する薄く白いものは船です。金角湾の入口から順にガラダ橋、アタチュルク橋、ファテープ橋が架かっています。アタチュルク橋の北側は新市街地のガラダ地区で、市街地側はアタチュルク大通りが縦断しています。この大通りと直行する道路がオルド通りです。岬の付け根付近の高速道路沿いにある白い弧は、分厚い石積みでできたテオドシウス二世の城壁です。岬の先端からこの城壁までが中世のコンスタンチノープルでありました。市の東岸のアジア側はユスキュダール地区です。
 ここは三方を海に囲まれた天然の要塞をなし、黒海と地中海を結ぶ航路の中継地であり、アジアとヨーロッパを結ぶ陸路の要衝でもあります。西暦330年にコンスタンチヌス帝により東ローマ帝国の首都となり、413年にテオドシウス二世は全長7kmに渡る大城壁を築き、1453年の滅亡まで一千年帝国の基礎を築きました。


EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー