JAXAトップページへ
 サイトマップ

地球観測センターニュース1999.3 No.36


[p.1] [p.2] [p.3] [p.4] [p.5] [p.6] [p.7] [p.8]


地球観測センター勤務者数の推移
(昭和53年度から平成10年度まで)
eocnews36_5.jpg


地球観測センターの予算の推移
(昭和53年度から平成10年度まで)
eocnews36_7.jpg


地球観測センターの地球観測データ受信数の推移
(昭和53年度から平成10年度まで)
eocnews36_9.jpg



〜 地球観測センターのシステム再構築 〜

 地球観測センターでは現在、既存の地上設備を計算機の更新、オンラインインターフェース導入等により再構築する作業を実施しています。これにより運用の集中化による効率化、データ提供時間の短縮、コンピュータ2000年問題への対応を行います。
 新システムは、2000年4月より稼動予定であり、標準的なデータについては提供時間を3〜5日程度−現行2〜3週間要している−とすることをめざしています。また、新システムでは新たにLANDSAT-7、SPOT-4のデータ受信、処理、保存、提供を行います。
 なお、新システムへの移行に際して、データ提供サービスに一部制約が生じますが御協力の程お願い致します。詳細は、(http://www.eorc.jaxa.jp/about/distribution/index.html)を参照下さい。


地球観測センターの紹介

EORCホームへ
JAXAトップページへ サイトポリシー