ALOS-3

概要

先進光学衛星(ALOS-3)とは

先進光学衛星は、JAXAが2006年に打上げた「だいち」(ALOS)(2011年に運用終了)の光学観測ミッションを引き継ぐ地球観測衛星です。「だいち」の広い観測幅は維持しつつ(直下70km)、分解能を3倍以上(直下2.5m → 0.8m)向上させている点が特徴です。センサ性能の実現にあたり、これまでに日本が培ってきた大型光学系や高性能検出器の製造技術が最大限活用されています。

先進光学衛星は国内外の全球の陸域を継続的に観測します。観測した画像は、災害時や防災活動に役立てられる他、地図情報の整備・更新、沿岸域や植生域の環境保全への利用など、様々な分野での活用が期待されています。

項目 諸元
打上げ 2021年度(予定)
運用軌道 軌道種別 太陽同期準回帰軌道
軌道高度 669 km (赤道上)
降交点通過地方太陽時 10時30分±15分
回帰日数 35日
センサシステム 広域・高分解能センサ
地上分解能 白黒(パンクロ):0.8 m
カラー(マルチ):3.2 m
観測幅 70 km
ポインティング 60°
データ伝送 直接伝送(Ka帯, X帯)
光データ中継衛星による光データ伝送
質量 2,900 kg (打上時)
衛星寸法 5 m×16.5 m×3.6 m(太陽電池パドル展開時)
観測時間 1周回あたり10分
設計寿命 7年以上

先進光学衛星「だいち3号」のミッション

先進光学衛星は国内外の全球の陸域を継続的に観測します。観測した画像は、災害時や防災活動に役立てられる他、地図情報の整備・更新、沿岸域や植生域の環境保全への利用など、様々な分野での活用が期待されています。以下でご紹介しているのは、特に先進光学衛星で活用が期待される分野です。
拡大画像

だいち 2.5m分解能
だいち 2.5m分解能
先進光学衛星 0.8m分解能
先進光学衛星 0.8m分解能(シュミレーション画像)