ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

センサを利用した観測方法

宇宙から地上の様子を観測する場合、地上から反射したり、放射したりしている光等の電磁波が利用されていることを1.項で紹介しました。
今度は、これらの電磁波を使い、どのようにして地上の物質の大きさ、形、性質等を特定しているのかをお話します。

地上のあらゆる物質は、電磁波(人間の目で見ることができる光(可視光線)や人間の目には見えない波長帯の赤外線、紫外線、電波など)を受けると、物質の性質に応じて波長帯毎に固有の反射の強さを示します。また、物質が熱を帯びると、その物質の性質に応じて波長帯毎に固有の放射の強さを示します。

下の図は、植物、土、水の反射・放射の強さを波長帯毎に表しています。横軸は波長を表し、左側に行くほど波長は短く、右側に行くほど波長は長くなります。波長の長さに応じて、それぞれの呼び名(紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波等)が付けられています。
各波長帯における反射・放射の強さが、物質の種類(植物、土、水等)によって異なることがわかります。

反射・放射特性の例

反射特性・放射特性の例

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP