ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

第一回地球観測研究公募のお知らせ

第一回地球観測研究公募について

宇宙航空研究開発機構(JAXA)第一宇宙技術部門 地球観測研究センター(EORC)では、これまで主に衛星プロジェクト毎の計画に基づき研究公募を行ってきました。また、衛星データの応用研究として、EORCでは2015年度より「課題分野研究」に軸足をおいて研究を進めています。このような状況において、EORCでは新たに以下の考え方で地球観測研究公募を実施します。

  1. これまで、衛星プロジェクト毎に行っていた研究公募計画を再編し、一つに集約した「地球観測研究公募」を行います。一つに集約することにより、衛星データの横断的利用研究の強化を図ります。

  2. 「地球観測研究公募」のテーマは、衛星毎のプロダクト保証研究(アルゴリズム開発、校正検証)と応用研究(課題分野研究(8分野)も含む※)の2本柱で行います。

第1回地球観測研究公募として、水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W)のプロダクト保証研究(アルゴリズム開発、校正検証)と、応用研究(各衛星プロジェクト、課題分野研究)を公募します。一方で、上記とは別に既に2016年度から開始している陸域観測技術衛星2号(ALOS-2)、全球降水観測計画(GPM)/降水観測ミッション(PMM)、気候変動観測衛星(GCOM-C)の研究公募は継続します。また雲エアロゾル放射ミッション(EarthCARE)についても現在の研究体制を継続します。

研究提案

応募書類を以下よりダウンロードし、内容を熟読いただいた上でご応募下さい。応募にあたっては、提案書および論文別刷等の付録一式をPDFファイルに変換し、下記のフォームにて地球観測研究公募 RA事務局へ送信してください。ダウンロードができない方は、事務局までご連絡いただければ募集要項一式をお送りいたします。

「第一回地球観測研究公募 募集要領」

  1. 本文
    資料(a):日本語
    資料(b):日本語
    資料(c):英語
    資料(d):英語
  2. Appendix A,B,C
    資料(e):日本語
    資料(f):日本語
    資料(g):英語
  3. 資料(h):英語
  4. Appendix 1,2,3,4,5
    資料(i):日本語
  5. 資料(j):英語

「第一回地球観測研究公募」応募フォームはこちら(締め切りました。)
提案書の提出締め切りは2016年11月15日(火)(必着)です。

RA事務局 / 問い合わせ先

〒305-8505 茨城県つくば市千現2-1-1
宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター
地球観測研究センター(EORC)
地球観測研究公募 RA事務局
FAX : 029-868-2961
E-mail:

本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP