ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

全球地球観測システム(GEOSS)への貢献

  1. GEOSS作業計画中の「宇宙からの温室効果ガス観測」と「森林炭素観測」のタスク活動を主導し、GEOやCEOSだけでなく、気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)等においてもGOSATやALOSの成果をアピールした。
  2. 11月のGEO本会合で、ALOS(「森林炭素監視」におけるALOSデータの活用)、GOSAT(「宇宙からの温室効果ガス観測」におけるGOSATデータの活用)の貢献を示すことができたことにより、国際的にGOSAT、ALOSの役割の重要性が認識され、同本会合で、「GEO炭素戦略報告」が発行されたことにより、次世代温室効果ガス観測ミッションの立ち上げについて、各機関が積極的にミッション立ち上げを行うための国際的な基準文書となった。
  3. UNESCOとの協力協定に基づく世界遺産の観測・データ提供を行った。また、新規の協力が見込まれる国際的公共ユーザ(国連機関等)と調整を行った。
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
画像:ページTOP